裁判官 ☆ データベース - 福岡地判R1.7.5 逮捕監禁致傷、強制性交等被告事件
強制性交で無罪主張の医師に実刑判決 福岡地裁

 知人女性に自宅でけがをさせて性的暴行を加えたとして、逮捕監禁致傷と強制性交等の罪に問われた福岡市早良区の医師、森永孝史被告(32)の判決が5日、福岡地裁であり、柴田寿宏裁判長は「自己の性欲を満たすことだけを考えた卑劣な犯行」と懲役5年6月(求刑・懲役7年)を言い渡した。
(2019.07.05 毎日新聞)