裁判官 ☆ データベース - 福岡高判R1.9.17 窃盗被告事件
博多金塊窃盗で懲役9年 福岡高裁、一審支持

 福岡市のJR博多駅近くで2016年7月、警察官を装い、金塊取引関係者らから約7億5千万円相当の金塊約160キロを盗んだとして、窃盗罪に問われた野口和樹被告(44)と兄の直樹被告(45)の控訴審判決で、福岡高裁(野島秀夫裁判長)は17日、一審・福岡地裁判決を支持し、それぞれ懲役9年を言い渡した。
 弁護側は「被害者側は金塊の出資金返済に苦慮しており、持ち去りについて合意があった」として無罪を主張していた。しかし、野島裁判長は被告らが警察官を装ったことや、被害者側に金銭的な利益がなかったことなどから、同意はなかったと退けた。
 福岡地裁判決は、和樹被告が犯行全般で主導的な役割を果たし、直樹被告が実行役の中で中心的な立場と認定していた。
 高裁判決などによると、野口被告らは共謀し16年7月8日、博多駅近くのビル1階で、売却するための金塊を運んでいた被害者らに警察官を装って近づき「密輸品だろう」と話し掛け、隙を見て盗んだ。
 事件では計7人が起訴され、いずれも一審で懲役5年6月〜9年を言い渡されている。〔共同〕
(2019/9/17 15:47 日経新聞)