裁判官 ☆ データベース - 東京地立川支判R1.9.20 公契約関係競売入札妨害被告事件
青梅談合事件、「無罪判決」に涙

 9月20日午後1時半、東京地裁立川支部の302号法廷で青梅談合事件の判決言渡しが行われた。広い傍聴席は、被告人の酒井政修氏の家族、知人、同業者の人達、マスコミ関係者などでほぼ満席だった。この事件の摘発を行った警視庁捜査2課の警察官、青梅市役所関係者などの姿もあった。
 【青梅談合事件、「”人質司法”の常識」を覆すことができるか〜9月20日午後、東京地裁立川支部で判決〜】でも書いたように、検察官の立証は完全に崩したという自信があった。検察官も、当初は、懲役刑求刑予定だったはずなのに、罰金に落とすなど、形勢不利を事実上認めている。無罪判決は間違いないという思いがある。一方、第1回公判で、被告人の酒井氏が公訴事実を全面的に認め、検察官請求証拠が全て採用された後に、私が弁護を引き受けて全面無罪を主張するという異例の展開を辿った事件だっただけに、本当に裁判長が「無罪」という言葉を発するのを聞くことができるのか、最後まで、不安な思いもあった。
 有罪か無罪か、固唾をのんで1審判決言渡しを待つというのは、2015年3月の美濃加茂市長事件以来だ(【美濃加茂市長無罪判決 〜極めて当然だが決して容易ではない司法判断〜】)。
 定刻の少し前に、野口佳子裁判長ら3人の裁判官が入廷。野口裁判長の穏やかな表情に、少し救われる思いがした。被告人の期待に反して、厳しい判決を言い渡そうとしている人の顔つきではない。
 被告人が証言台に立ち、判決が言い渡された。
 期待どおり、「主文 被告人は無罪」だった。
 判決言渡しを終えた野口裁判長から、「長い間、お疲れさまでした」という言葉をかけられ、酒井氏の目からは涙が溢れ、止まらなくなった。
 閉廷し、起立し、野口裁判長に一礼。そして、酒井氏と固く握手。そして、最初に「藁にも縋る気持ちでメールしました」と言って私の事務所に依頼のメールをしてきた酒井氏の奥さんと抱き合って喜びを噛みしめた。
 80日も、家族との接見も認められず続いた勾留に心身とも疲弊し、一度は、公判で、心ならずも罪を認めた。その酒井氏が、こうして涙を溢れさせ、家族と喜びを分かち合っている。
 心に沁みる、そして、心に残るひとときだった。
(2019年09月21日 09:24 郷原信郎)