裁判官 ☆ データベース - 静岡地判R3.1.13 強制わいせつ被告事件
「癒しを求め自己中心的」 95歳の女性にわいせつ 元介護福祉士に有罪判決 静岡

 勤務先の介護施設で利用者にわいせつ行為。
 元介護福祉士の八木勝被告(40)に執行猶予付きの有罪判決が言い渡されました。
 判決によりますと、八木被告は当時勤めていた介護施設で95歳の女性に抱きつくなどわいせつな行為をしました。
 判決公判で林田海裁判官は「優しく声をかけた利用者に癒しを求めた自己中心的な行為で、介護福祉士という立場を利用していて卑劣」と指摘しました。
 一方で、反省の態度を示しているなどとして、執行猶予のついた判決を言い渡しました。
(1/14(木) 6:00 テレビ静岡)