裁判官 ☆ データベース - 京都地判R1.5.8 窃盗被告事件
宇治市役所内窃盗 元市係長に地裁が有罪判決 /京都

 宇治市役所内のロッカーから市が保管する現金を盗んだとして窃盗の罪に問われた元同市障害福祉課係長、今岡健史被告(40)の判決が8日、京都地裁であり、赤坂宏一裁判官は懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)を言い渡した。
 判決によると、今岡被告は昨年7月20日ごろから同年8月1日ごろまで3回にわたり同市役所内のロッカーから現金合計94万円を盗んだ。赤坂裁判官は判決言い渡し後の説諭で「公務員の一人である私としても非常に残念」などと述べた。今岡被告は今年3月27日に市が懲戒免職処分とした。【国本ようこ】
(2019年5月9日 毎日新聞)