報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

神戸山口組系会長暴行死 男4人に実刑判決 8人全員が実刑に

 和歌山市で平成28年10月、指定暴力団神戸山口組系組幹部が暴行を受けて死亡した事件で、傷害致死などの罪に問われた指定暴力団山口組系の組幹部、坂上浩二被告(50)=同市=ら4人の裁判員裁判の判決公判が1日、和歌山地裁で行われた。武田正裁判長は坂上被告ら4人に懲役7年6月〜8年6月(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。
 公判では、共謀の有無などが争われたが、武田裁判長は共謀を認定。「集団で取り囲み、一方的な暴行」と指摘した。
 判決によると、4人は他の組幹部ら4人=同罪などで懲役7年〜8年6月の判決確定=と共謀し、同年10月9日未明、同市北ノ新地分銅丁の飲食店付近の路上で、神戸山口組傘下の3次団体「紀州連合会」の松下功会長=当時(50)=の頭付近を殴るなどの暴行を加え、死亡させるなどした。
(2018.2.2 07:33 産経WEST)

山口組系幹部ら4人に実刑 神戸系会長暴行死、和歌山

 和歌山市で2016年10月、暴力団神戸山口組系紀州連合会の会長だった男性を暴行して死亡させたとして、傷害致死などの罪に問われた暴力団山口組系倉本組の幹部、坂上浩二被告(50)=同市=ら4人の裁判員裁判で、和歌山地裁(武田正裁判長)は1日、坂上被告に懲役8年、他3被告に懲役8年6月〜7年6月の判決(求刑はいずれも同10年)を言い渡した。
 4人のうち1人が暴行を認めた一方、3人は否認。共謀については全員が否認し争点となっていた。武田裁判長は4人全員の共謀を認め「男性を暴力団組織の会長と認識し、暴力的な対応をする意思を通じ合わせていた」と指摘。「男性らを集団で取り囲み、一方的な暴行で悪質だ」と述べた。
 事件では同組のほかの幹部ら4人も同罪などで起訴され、懲役8年6月〜同7年の有罪判決が既に確定している。
 判決によると、8人は共謀し、16年10月9日午前1時ごろ、和歌山市の路上で紀州連合会会長(当時50)を、集団で頭付近を複数回蹴るなどして死亡させたほか、会長の知人らにも暴行を加えた。〔共同〕
(2018/2/1 19:15 日経新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます