報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

十六銀行員の自殺、遺族補償認めず 名古屋地裁

 2011年に十六銀行(岐阜市)に入行し、8カ月後に自殺した男性=当時(25)=の遺族が、自殺は過重な業務やパワハラによるうつ病が原因だとして、国に労災認定を求めた訴訟の判決が19日、名古屋地裁であり、井上泰人裁判長は遺族の請求を棄却した。
 判決理由で井上裁判長は「11年8月末ごろに軽症のうつ病を発病した」と指摘。
(2021年4月19日 19時47分 (4月22日 14時28分更新) 中日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます