報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

不法残留のベトナム人派遣 社長の男に猶予付き有罪判決 名古屋地裁

 不法残留しているベトナム人を愛知県瀬戸市の会社に派遣し働かせた罪に問われている社長の男について、名古屋地裁は14日、執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。
 起訴状などによりますと、人材派遣会社「ウィルスタッフ春日井」の代表取締役社長・近藤靖暢被告(45)は、去年10月から今年2月にかけて、不法残留と知りながらベトナム人を瀬戸市の会社に、工場作業員として派遣した罪に問われています。
 名古屋地裁の齋藤千恵裁判官は「不法滞在が明らかにもかかわらず、在留カードの名義を修正させるなど不法滞在者の就労を認識していた」などとして、近藤被告に懲役10か月、執行猶予3年、罰金50万円の有罪判決を言い渡しました。
 弁護側は控訴する方針です。
(10/15(木) 8:37 中京テレビ)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます