報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

「うその説明はなかった」レオパレス訴訟で愛知のオーナーの請求を棄却

 オーナー側の請求を棄却です。
 賃貸アパート大手「レオパレス21」と賃貸契約を結んでいた愛知県の女性オーナーが、家賃の減額についての会社側の説明に虚偽の内容があったとして、減額分の家賃合わせておよそ340万円の支払いを求めていました。
 名古屋地方裁判所の唐木浩之裁判長は、26日、「説明はやや適切さを欠く面があったものの、うその内容があったとは認められない。また減額後の賃料は相場と概ね均衡している」などとしてオーナー側の訴えを退けました。
(12/26(木) 18:58 CBCテレビ)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます