報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

テキシアの前社長に有罪判決 名地裁「強い利欲が動機」

 投資関連会社「テキシアジャパンホールディングス」(千葉市)による投資詐欺事件で、出資法違反の罪に問われた前社長の安達慶三被告(59)=大阪府東大阪市=の判決が6日、名古屋地裁であった。吉井隆平裁判長は「犯行は強い利欲的動機に基づくものだ」などと述べ、懲役2年執行猶予4年、罰金100万円(求刑懲役2年、罰金100万円)を言い渡した。
 判決によると、安達被告はテキシア社の実質的経営者だった銅子正人被告(42)=詐欺罪などで公判中=らと共謀し、2016年7月〜17年8月、岡山市で配当金などの支払いを約束して男女8人から現金計1億円を不正に預かった。
 吉井裁判長は「被告は現金受け入れのスキームの考案に関与したなど、果たした役割は重要だった」などと指摘し、「刑事責任は軽視できない」と述べた。一方で、「被告が罪を認め、民事上の責任を取る意向も示している」として、懲役刑は執行猶予とした。
 この事件をめぐっては、これまでに男女8人が出資法違反罪で有罪判決を受けていた。
(2019年11月7日10時09分 朝日新聞)

テキシア前社長に有罪判決 出資法違反罪、名古屋地裁

 配当を約束して現金を預かったとして、出資法違反罪に問われた投資コンサルティング会社「テキシアジャパンホールディングス」前社長の安達慶三被告(59)に、名古屋地裁(吉井隆平裁判長)は6日、懲役2年、執行猶予4年、罰金100万円(求刑懲役2年、罰金100万円)の判決を言い渡した。
 検察側によると、同社は1万人を超える顧客から計約450億円を違法に集めたとされる。会長の銅子正人被告(42)が詐欺と出資法違反の罪で、安達被告ら幹部9人は出資法違反罪で起訴され、分離公判となった。銅子被告を除き、幹部9人全員が執行猶予付きの判決を受けた。
 吉井裁判長は判決理由で「現金受け入れの手口を考案し、社長として果たした役割は重要。顧客勧誘の成功に伴う報酬を得ており、犯行は強い利欲的動機に基づく」と指摘。一方で「反省し、民事上の責任を取る意向も示している」として執行猶予を付けた理由を述べた。
 判決によると、安達被告ら9人は銅子被告らと共謀、2016年7月〜17年8月、岡山市内のマンションなどで配当金の支払いを約束して、顧客8人から計1億円を預かった。〔共同〕
(2019/11/6 10:31 (2019/11/6 11:14更新) 日経新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます