報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

名古屋の340キロ覚醒剤押収事件 台湾籍2人に実刑

 2018年10月に名古屋市港区の倉庫で覚醒剤約340キロ(末端価格200億円相当)が押収された事件で、覚せい剤取締法違反(営利目的所持)罪に問われた台湾籍の男2人の判決が7日、名古屋地裁であった。斎藤千恵裁判長は、徐正嘉被告(38)に懲役10年、罰金300万円(求刑懲役13年、罰金400万円)を言い渡した。
 許栄棋被告(39)は懲役8年、罰金200万円(求刑懲役10年、罰金300万円)とした。
 判決理由で斎藤裁判長は「計画的で組織的な犯行。大量の覚醒剤が拡散した場合の害悪は計り知れず、刑事責任は相当に重い」と述べた。
 判決によると、2人は18年10月4日、陳┳被告(29)=同法違反罪で公判中=らと共謀。港区の倉庫で覚醒剤約340キロをタイヤホイールの中に隠し、営利目的で所持した。
(2019/10/7 17:30 日経新聞)

覚醒剤所持で2人に実刑判決 地裁 /愛知

 名古屋市港区の倉庫から覚醒剤約340キロ(末端価格200億円超)が見つかった事件で、覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の罪に問われた台湾籍の男2人について、名古屋地裁(斎藤千恵裁判長)は7日、徐正嘉被告(38)に懲役10年と罰金300万円(求刑・懲役13年と罰金400万円)を、許栄棋被告(39)に懲役8年と罰金200万円(求刑・懲役10年と罰金300万円)の実刑判決を言い渡した。
 許被告側は「お茶の密輸と認識していた」と無罪を主張したが、判決は「中身を茶と断定するのは不自然で不合理」とした。徐被告については「違法薬物かもしれないと認識しながら作業し多額の報酬を得た」と指摘した。
 事件を巡っては、倉庫の借り主として同法違反の罪に問われた中国籍の服部宇君(本名・胡乃坤)被告(50)に同地裁は無罪判決を言い渡し、名古屋地検が控訴している。
 判決によると、2人は服部被告らと共謀して昨年10月4日、倉庫内で覚醒剤約340キロを営利目的で所持した。【川瀬慎一朗】
(2019年10月8日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます