報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

22歳男に無期懲役、名古屋女性強殺で地裁判決

 2017年、名古屋市西区のパート従業員の女性が殺害され、仮想通貨「ビットコイン」をだまし取られた事件で、強盗殺人や電子計算機使用詐欺などの罪に問われた無職、西田市也被告(22)の裁判員裁判の判決が6日、名古屋地裁であった。斎藤千恵裁判長は「人命を著しく軽視した犯行で強い非難に値する」として求刑通り無期懲役を言い渡した。
 判決理由で斎藤裁判長は「計画性の高い犯行を主導しており、結果も重大だ。反省も見られず、被告に酌むべき事情はない」と指摘した。
 公判では事件当時、西田被告に刑事責任能力があったかが争われた。弁護側は「心神喪失状態で行動をコントロールできなかった」と無罪を主張したが、斎藤裁判長は責任能力を認定。「財産を奪う目的で状況に応じて一貫して合理的に行動しており、精神障害での通院歴もない」と述べた。
 判決によると、西田被告は17年6月、野田みゆきさん(当時53)から現金約5万円などを奪い、首を絞めて殺害。滋賀県多賀町の山中に遺棄した。同7月には、野田さんのビットコイン用の口座に不正アクセスし、コインを自身の口座に移してだまし取った。
 共謀したとして起訴された無職の少年(19)は、強盗殺人罪などで懲役18年が確定している。
(2019/2/6 11:30 日経新聞)

愛知・女性遺棄 ビットコイン殺人 「利欲的で計画性高い」 無期判決 名古屋地裁

 名古屋市西区のパート従業員、野田みゆきさん(当時53歳)が殺害され、仮想通貨ビットコインを不正に引き出された事件の裁判員裁判で、名古屋地裁(斎藤千恵裁判長)は6日、無職の西田市也被告(22)に強盗殺人、死体遺棄、電子計算機使用詐欺の罪で求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。事件を主導したと認定し「利欲的で計画性が高く、凶悪な犯行」と指摘した。
 判決は、共謀した元アルバイトの少年(19)=強盗殺人、死体遺棄の罪で懲役18年確定=から思いとどまるよう懇願されても断念しなかったとして「人命軽視の態度が甚だしい」と批判した。その上で「被害者の苦痛や恐怖は計り知れず、遺族が厳重処罰を求めるのは当然」と述べた。
 弁護側は、事件当時は解離性障害で心神喪失状態だったとして無罪を主張した。判決は「殺害して財産を奪う目的に向け、一貫して合理的に行動している」と完全責任能力を認めた。
 西田被告は公判の被告人質問で「ゲームの敵役を倒し、報酬を得られるような感じだった」と述べたが、判決は「ゲームに例えたにすぎず、動機や善悪の理解の異常性をうかがわせるものではない」と判断した。
 判決によると、西田被告は少年と共謀して2017年6月18日、滋賀県多賀町周辺で野田さんから現金約5万円やタブレット端末などを奪い、首を絞めるなどして殺害し、同20日に遺体を入れたキャリーバッグを多賀町の山中に埋めた。さらに西田被告は同年7月3日と5日、野田さんの専用口座からビットコイン約35万円分を自身の口座に移した。【野村阿悠子】
(2019年2月7日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます