報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

虚偽クレームで謝罪に来た女性に乱暴、懲役5年

 大手牛丼チェーンの愛知県内の店舗にうそのクレームをつけ、謝罪に来た50歳代の女性店長に乱暴したとして、強制性交と詐欺の罪に問われた常滑市の無職丹下正行被告(44)に対し、名古屋地裁は8日、懲役5年(求刑・懲役6年)の判決を言い渡した。吉井隆平裁判長は「店長の立場につけ込んだ悪質な犯行だ」と述べた。
 判決によると、丹下被告は昨年8月、県内の2店舗に電話で「買った弁当にハエが入っていた」などとうそを言い、牛丼など4品と返金名目で現金680円をだまし取った。うち1店舗の女性店長が謝罪に訪れた際、住居侵入容疑で告訴するなどと脅し、乱暴した。
 判決で吉井裁判長は、丹下被告が乱暴の様子を撮影し、同意があったとする証拠を捏造ねつぞうしようとしたと指摘。「卑劣で悪質。被害者の精神的苦痛は大きく、刑事責任は重い」とした。
(2019年01月10日 09時08分 読売新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます