報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

愛知・岡崎市議ら敗訴 セクハラめぐる報道

 同僚議員だった女性(47)にセクハラをしたとの報道で名誉を傷つけられたとして、愛知県岡崎市の田口正夫元市議(64)と三浦康宏市議(45)が中日新聞社と同社の記者に慰謝料など計4400万円を求めた訴訟の判決で、名古屋地裁は15日、請求を棄却した。
 判決理由で前田郁勝裁判長は「セクハラ行為は議員としての資質に関わる問題で、公共の利害に関する事実であることは明らかだ」と指摘した上で、報道内容が事実と認定。取材についても「不十分ではない」と判断した。
 判決などによると、中日新聞社は平成28年4〜6月、田口元市議が視察先のホテルで女性に抱きついたと報じ、三浦市議については、女性に性的な関係を一方的に迫ったと報じた。
 田口元市議と三浦市議はセクハラ行為を否定し、取材も不十分だったと主張していた。
 田口元市議と女性は16年10月の市議選で落選した。
(2019.1.15 18:25 産経新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます