報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

男性の遺体焼却 元大学生に有罪 名古屋地裁

 誘拐後に殺害された名古屋市中区の職業不詳岡田亮祐さん(当時28)の遺体を焼いたとして、死体損壊の罪に問われた元大学生の服部拓哉被告(23)=愛知県稲沢市=の判決が11日、名古屋地裁であった。斎藤千恵裁判官は、懲役1年6カ月執行猶予3年(求刑懲役2年6カ月)の有罪判決を言い渡した。
 判決によると、服部被告は主犯格とされる会社役員の野間裕司被告(31)=殺人などの罪で起訴=と共謀。稲沢市で2月24〜25日、野間被告が切断するなどした岡田さんの遺体をドラム缶に入れ、焼却した。
 裁判で服部被告は、焼却したことは認めたが、「死体を焼却した認識はない」と無罪を主張した。斎藤裁判官は、焼却場所の周辺住民が異臭に気づいたことや、野間被告の指示で服部被告が隠蔽(いんぺい)工作したことを重視。服部被告に「死体かもしれない」という「未必の故意」があったと認定した。他方で「従属的だった」と量刑理由を示した。
(2018年12月11日12時43分 朝日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます