報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

いとこ暴行死の男に懲役12年

 ことし1月、名古屋市瑞穂区で、いとこの女性に暴行を加えて死亡させ現金や通帳を奪ったなどとして、傷害致死や盗みなどの罪に問われた39歳の男に、名古屋地方裁判所は懲役12年の判決を言い渡しました。
 名古屋市瑞穂区の無職、大橋利雄被告(39)は、ことし1月、隣に住む57歳のいとこの女性の腹を殴るなどして死亡させたうえ、現金16万円余りのほか通帳などを盗んだとして、傷害致死や盗みなどの罪に問われました。
 5日の裁判員裁判の判決で、名古屋地方裁判所の齋藤千恵裁判長は「被害者の手足を拘束したうえ、抵抗できなくなったあとも両脇腹を殴るなど暴行を続けていて、犯行は執ようで激しいものだった。被害額も小さくなく、身勝手かつ短絡的な犯行で酌量の余地はない」と指摘しました。
 一方、犯行の経緯について「いずれも計画性のない場当たり的なものだったことは、刑をやや軽くする事情といえる」と述べ、懲役15年の求刑に対し懲役12年を言い渡しました。
(11月05日 19時38分 NHK)

いとこの女性を暴行し死なせた男に懲役12年の判決 名古屋地裁

 ことし1月、名古屋市瑞穂区の住宅で、いとこの女性を暴行し、死亡させたなどの罪に問われていた男に、名古屋地方裁判所は、懲役12年の実刑判決を言い渡しました。
 判決などによりますと、名古屋市瑞穂区の無職 大橋利雄被告(39)は、ことし1月、当時57歳のいとこの女性の自宅で、女性に暴行を加え、手錠をかけるなどしてわいせつな行為をしたうえ、死亡させ、現金16万円余りなどが入ったかばんを奪った傷害致死などの罪に問われていました。
 これまでの裁判で大橋被告は、起訴内容を認めていて、5日の判決公判で、齋藤千恵裁判長は、「自己の欲望の赴くままに犯行を重ねており、法を軽視する態度も看過できない。傷害致死の事案の中で重い部類に当たる」として、検察の求刑15年に対し、懲役12年の実刑判決を言い渡しました。
(11/5(月) 18:58 CBCテレビ)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます