報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

元愛西市議に有罪判決 土地改良区贈収賄

 愛知県愛西市の「佐織土地改良区」が発注した工事をめぐる贈収賄事件で、土地改良法違反(収賄)罪に問われた同改良区元理事長で元愛西市議、太田芳郎被告(80)の判決が5日、名古屋地裁であった。神田大助裁判官は「安易な癒着で犯行に及んだ」として懲役1年、執行猶予3年、追徴金10万円(求刑懲役1年、追徴金10万円)を言い渡した。
 同法違反(贈賄)罪に問われた土木会社「福岡建設」元専務、加藤辰実被告(66)は懲役10月、執行猶予3年(求刑懲役10月)とした。
 神田裁判官は判決理由で「公正に行われるべき土地改良事業への社会の信頼を傷つける悪質かつ反社会的な犯行」と両被告を非難した。
 判決によると、太田被告は2016年3月、改良区が15年度に発注した工事の予定価格から千円単位を切り捨てた金額を教えた見返りに、加藤被告から現金10万円を受け取った。
(2018/10/5 17:45 日経新聞)

愛知・愛西の土地改良区汚職 元理事長ら有罪 名古屋地裁判決

 愛知県愛西市の「佐織土地改良区」の発注工事を巡る汚職事件で、名古屋地裁(神田大助裁判官)は5日、土地改良法違反(収賄)の罪に問われた改良区の元理事長、太田芳郎告(80)に懲役1年、執行猶予3年、追徴金10万円(求刑・懲役1年、追徴金10万円)の判決を言い渡した。
(2018年10月6日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます