報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

あおり運転で傷害 男に実刑判決、名古屋地裁

 愛知県日進市の東名高速道路で2月、あおり運転をしてトレーラーの運転手を模造刀で刺したとして傷害罪などに問われた解体業、堤義道被告(34)の判決公判が25日、名古屋地裁で開かれた。須田健嗣裁判官は「非常に危険で悪質な犯行だ」として、懲役3年6月(求刑同4年)を言い渡した。
 須田裁判官は判決理由で「酒を飲み、執拗なあおり運転をした後に問答無用で突き刺した。理不尽極まりない暴行で、被害者に与えた精神的苦痛も大きい」と述べた。
 判決によると、堤被告は2月21日、東名高速で、前を走っていたトレーラーを路肩に止めさせ、持っていた模造刀で運転手の男性の右膝を突き刺し、重傷を負わせるなどした。
(2018/10/25 11:30 日経新聞)

あおり運転の34歳男に懲役3年6月 名古屋地裁

 愛知県日進市の東名高速道路で2月、乗用車で大型トレーラーをあおって停車させ、男性運転手を模造刀で突き刺し重傷を負わせたとして、傷害などの罪に問われた同県岡崎市、解体業、堤義道被告(34)に、名古屋地裁(須田健嗣裁判官)は25日、懲役3年6月(求刑懲役4年)の判決を言い渡した。
 論告で検察側は「昨今、あおり運転からトラブルになる事件が相当数発生しており、厳罰が必要だ」と指摘。弁護側は被害を一部弁済したことなどを考慮するよう求めた。
 堤被告は公判で「当時酒に酔っており、文句を言うために路肩に止めさせた」と述べていた。
 判決によると、堤被告は2月21日、東名高速下り線で男性の右膝に模造刀を突き刺し、骨折の重傷を負わせるなどした。
(2018.10.25 11:27 産経新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます