報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

ハト餌やり注意され逆上→蹴り入れて骨折させる 無職男に有罪判決、名古屋

 ハトへの餌やりをしていて注意してきた男性を蹴ってけがを負わせたとして、傷害罪に問われた名古屋市南区の無職、村永義雄被告(61)に、名古屋地裁は25日、懲役6月、執行猶予3年(求刑懲役6月)の判決を言い渡した。
 安福幸江裁判官は判決理由で「餌やりを注意されたことに立腹したという動機に酌むべき事情はなく、犯行態様も危険で悪質」と指摘。一方で「男性に謝罪して被害弁償をする意思を示し、再犯をしないと誓っている」として、執行猶予を付けた。
 判決によると、7月11日、自宅近くの公園でハトに餌やりをしていた際、注意した男性=当時(76)=の腹部付近を蹴り、あばら骨を折るなどのけがを負わせた。
(2017.9.25 11:43 産経WEST)

ハトの餌やり注意され暴行の男に有罪

 ハトへの餌やりについて注意した男性をけり、けがを負わせた罪に問われている無職の男に対し、名古屋地裁は、執行猶予が付いた有罪判決を言い渡した。
 名古屋市南区の無職・村永義雄被告(61)は2017年7月、自宅近くの公園で、ハトへの餌やりを注意した無職の男性と口論となり、男性の肋骨(ろっこつ)を骨折させるなどした傷害の罪に問われている。
 これまでの裁判で、村永被告は起訴内容を認めていて、一方、検察側は「周辺に多大な迷惑をかけていると知っていたにもかかわらず、注意されたことに腹を立てた」として、懲役6カ月を求刑していた。
 25日の判決で、名古屋地裁の安福幸江裁判官は、「犯行は危険で悪質」と指摘する一方、「謝罪の態度を示している」として、懲役6カ月、執行猶予3年を言い渡した。
(9/25(月) 16:38 東海テレビ)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます