報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

トラックにはねられ中学生が死亡の事故 運転手に執行猶予付き判決で遺族は…

 自転車に乗った中学生を大型トラックではねて死亡させた男に、執行猶予付きの有罪判決です。
 起訴状などによりますと、愛知県西尾市のトラック運転手、石舘満也被告(48)は、去年6月、愛知県安城市高棚町でガソリンスタンドに立ち寄るため、大型トラックで歩道に入ったところ、自転車で通学途中だった中学1年生、加藤大翔さん(当時12)をはねて死亡させた、過失運転致死の罪に問われています。
 29日、名古屋地方裁判所岡崎支部で開かれた判決公判で、鈴木真耶裁判官は、「被告は注意義務を怠った」とした一方「無免許運転や酒気帯び運転などのいわゆる無謀運転ではない」などとして、禁錮3年、執行猶予5年を言い渡しました。
 判決を受け、大翔さんの父親は…。
 「こんな(判決)では事故は減らない 。大人が子どもの命を奪っていいわけがない」
 (大翔さんの父親)
 遺族は、控訴を求める意向だということです。
(6/29(火) 18:49 CBCテレビ)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます