報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

「被告のみ責められない」 介護の義母殺害で猶予判決

 愛知県蒲郡市の民家で昨年7月、介護に疲れて義母(当時96)を殺害したとして、殺人罪に問われた無職大塚文子(ふみこ)被告(71)=同市=に対する裁判員裁判の判決が10日、名古屋地裁岡崎支部であった。石井寛裁判長は「周囲から十分な援助が得られず、精神的に追い込まれた」とし、懲役3年執行猶予5年(求刑懲役6年)を言い渡した。
 判決によると、大塚被告は、昨年7月6日午後11時半から翌7日午前5時ごろの間、義母の大塚キヨ子さんの首をひもで絞めて殺害した。
 大塚被告はキヨ子さんと、キヨ子さんの長男にあたる夫と3人で生活。以前から介護をしていたが、昨年5月にキヨ子さんが転倒して歩行困難になると、排泄(はいせつ)などの介護負担が増加。ショートステイの利用はキヨ子さんが帯状疱疹(ほうしん)になり見合わせた。不眠の症状も出て、このままだと介護を続けられないと不安を募らせていた。
 量刑の理由では、「親族と介護を分担せず、介護サービスも十分活用しないまま家族に迷惑をかけたくないという動機から犯行を実行したことは非難されるべきだ」と指摘。一方、親族や夫に助けを求めていたことも認め、「負担軽減策を十分に講じなかったことについて、被告のみを責めることはできない」として、執行猶予が相当とした。
(2020年7月10日 20時44分 朝日新聞)

老老介護 義母殺害の罪 娘に執行猶予判決 名古屋地裁岡崎支部

 愛知県蒲郡市で、96歳の義理の母親を「老老介護」の状況の中で殺害した罪に問われた71歳の娘の裁判で、裁判所は、「周囲から十分な援助が得られず追い込まれていて、本人のみを責められない」として、懲役6年の求刑に対して、執行猶予の付いた懲役3年の判決を言い渡しました。
 蒲郡市の大塚文子被告(71)は去年7月、同居していた義理の母親のキヨ子さん(当時96)の首を絞めて殺害した罪に問われました。
 当時は「老老介護」の状況で、検察が「親族に援助を求めることなどもできた」として懲役6年を求刑したのに対して、弁護側は、「介護で追い込まれ、自分以外を頼ることは事実上困難だった」として執行猶予を付けるよう求めました。
 10日の判決で名古屋地方裁判所岡崎支部の石井寛裁判長は、「親族と介護を分担せず、介護サービスも十分活用しないまま、家族に迷惑をかけたくないという動機で犯行を行ったことは、命を軽く見ていて非難されるべきだ」と指摘しました。
 一方で、「自分なりに助けを求めていた中で、周囲から十分な援助が得られず、精神的に追い込まれていった状況からすると、本人のみを責めることはできない。当時、抑うつ状態だったことも考慮すると、非難の程度は高いとは言えない」と述べ、懲役3年、執行猶予5年を言い渡しました。
(2020年7月10日 18時32分 NHK)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます