報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

友人死亡事故、実刑判決 酒気帯び、危険運転で衝突

 酒気帯び状態で運転していたRVを道路の防護壁に衝突させ、車体側面にしがみついていた友人の男性を死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)と道交法違反の罪に問われた愛知県豊田市の無職、瀬戸山怜志被告(23)の裁判員裁判で、名古屋地裁岡崎支部(鵜飼祐充裁判長)は4日、懲役3年6月(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。
 公判で検察側はRVのドライブレコーダー映像を公開。男性がふざけて車にしがみついたまま、瀬戸山被告が車を加速させ運転する様子が明らかにされた。
 瀬戸山被告は「友人と楽しみたい気持ちがエスカレートしてしまった」と謝罪。弁護側は被害者自身の行為も事故に影響したとして、執行猶予付きの判決を求めた。
 起訴状によると、瀬戸山被告は5月19日、豊田市の制限速度時速40キロの国道を時速約90キロで運転。カーブを曲がりきれずRVを防護壁に衝突させ、会社員、原禄朗さん(22)を死亡させたとしている。
(2019.12.4 11:54 産経新聞)

車外の友人転落死、被告に実刑 地裁岡崎支部判決

 今年5月に車外にしがみついていた友人男性=当時(22)=を死なせる事故を起こしたなどとして自動車運転処罰法違反(危険運転致死)と道交法違反(酒気帯び運転)の罪に問われた豊田市足助町の無職瀬戸山怜志被告(23)の裁判員裁判の判決公判が4日、名古屋地裁岡崎支部であり、鵜飼祐充裁判長は懲役3年6月(求刑懲役5年)を言い渡した。
 鵜飼裁判長は判決理由で「被害者が危険な乗り方をして発進を促したとしても、被告はその危険な行為をやめさせるべきであった。結局は自ら進んで車を加速させ、本件事故を発生させたので刑事責任は重い」と述べた。
 判決によると、5月19日午後11時25分ごろ、豊田市九久平町の国道301号で乗用車を酒気を帯びた状態で運転。時速約90キロで右カーブに進入し、助手席側の車体側面にふざけてつかまっていた友人男性を乗用車ごと道路左側の岩や電柱にぶつけて転落させ、死亡させたとされる。
(2019年12月4日 12時41分 中日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます