報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

乳児暴行死で懲役3年6月 母親の完全責任能力認定

 愛知県豊田市の自宅で生後11カ月の次男を床にたたきつけ、死亡させたとして、傷害致死の罪に問われた母親の松下園理被告(30)の裁判員裁判で、名古屋地裁岡崎支部は15日、懲役3年6月(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。
 弁護側は1人で三つ子の世話をしなければならず、当時重度の産後うつで心神耗弱状態だったと主張したが、野村充裁判長は「泣き声に対する耐性が低下していたものの、自分の太ももをたたきいら立ちを抑えようとするなど合理的に行動していた」と指摘して完全責任能力を認定した。
 さらに「1メートル以上の高さからたたきつけており、危険性が高く、悪質と言うほかない」と非難する一方で「懸命に育児を行っており、犯行に至る経緯に同情できる点も少なくない」と述べた。
 判決文によると、松下被告は2018年1月11日、泣きやまない綾斗ちゃんを畳の上に2回たたきつける暴行を加え、同26日に脳損傷で死亡させた。
 弁護人は判決を不服として控訴する方針を明らかにした。〔共同〕
(2019/3/15 18:42 日経新聞)

豊田の乳児傷害致死 母に懲役3年6月 地裁岡崎支部判決 /愛知

 豊田市内の自宅で昨年1月、生後11カ月の次男を死なせたとして傷害致死罪に問われた母親の松下園理被告(30)の裁判員裁判で、名古屋地裁岡崎支部(野村充裁判長)は15日、懲役3年6月(求刑・懲役6年)の判決を言い渡した。
 判決によると、松下被告は昨年1月11日、泣きやまない次男を和室の畳に2回たたきつけ、びまん性脳損傷を負わせて死なせた。
 野村裁判長は判決で「無抵抗・無防備の被害者に対する犯行は悪質というほかない」と指摘。弁護側は「3人の育児に追われて重度の産後うつ病による心神耗弱だった」と主張していたが、判決は「うつ病の影響は限定的。責任能力があった」と認定した。【亀井和真】
(2019年3月16日 毎日新聞)

その後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます