報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

給付金詐欺事件で判決 元税務署職員に懲役3年・執行猶予5年

 国の持続化給付金をだまし取ったとして詐欺などの罪に問われた甲府税務署の元職員に、名古屋地方裁判所一宮支部は「専門知識を悪用して組織的な詐欺に加担し、国民の信頼を裏切った」として執行猶予がついた懲役3年の有罪判決を言い渡しました。
 東京国税局甲府税務署の元職員、藤山雄太被告(27)は去年6月、受給対象者ではない大学生らを申請者にして、新型コロナウイルスの影響で事業収入が大幅に減ったといううその申請を行い、国の持続化給付金あわせて400万円をだまし取ったとして、詐欺などの罪に問われました。
 6日の判決で名古屋地方裁判所一宮支部の山田順子裁判官は「被告は確定申告書を作ったり、確定申告の流れを説明するマニュアルを作ったりして少なからぬ報酬を得ていた。個人事業主ではない税務知識の乏しい申請者が容易に給付金を不正受給できるようにしたものといえ果たした役割は大きい。現役の税務署職員だった被告が専門知識を悪用して組織的な詐欺に加担したのは国民の信頼を裏切った」と指摘しました。
 一方で「反省の態度を示し懲戒免職になるなど一定の社会的制裁を受けたといえる」として懲役3年、執行猶予5年を言い渡しました。
(05月06日 12時53分 NHK)

元甲府税務署員に有罪 持続化給付金400万円不正受給

 新型コロナウイルス対策の持続化給付金の不正受給事件で、詐欺などの罪に問われた元東京国税局甲府税務署員の藤山雄太被告(27)の判決公判が6日、名古屋地裁一宮支部であった。山田順子裁判官は「専門知識を悪用して組織的な詐欺に加担し、国民の信頼を裏切った」として、懲役3年執行猶予5年(求刑懲役3年6カ月)を言い渡した。
 判決によると、藤山被告は昨年6月、愛知県内の元大学生ら=同罪などで有罪判決が確定=と共謀し、元大学生ら名義の口座で給付金計400万円をだまし取った。また、自宅で大麻1・754グラムを所持した。
 藤山被告は申請に必要な虚偽の確定申告書を作成するなどし、報酬を得ていた。山田裁判官は「税務知識の乏しい申請者が容易に不正受給できるようにし、果たした役割は大きい」と指摘。一方、藤山被告が計177万円を弁償したことなどを考慮し、執行猶予とした。(大野晴香)
(2021年5月6日 18時30分 朝日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます