報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

国基準「事故後6カ月」過ぎて精神障害、高裁が労災認定

 職場の事故で2年後に精神障害を発症した男性が、国に労災認定を求めた訴訟の控訴審判決が28日、名古屋高裁であった。始関正光裁判長は男性敗訴の一審判決を変更し、労災と認定した。精神障害を労災認定する国の基準は、事故から発症まで「おおむね6カ月」としており、男性の代理人は「画期的な判決」と話している。
 男性は愛知県内の工場で勤務していた岩永純弘さん(55)。2012年10月、機械に顔を挟まれ、左目を失明。これは労災認定された。14年10月ごろには痛みや事故の恐怖などで適応障害を発症したが、一宮労働基準監督署は、厚生労働省の基準の「おおむね6カ月」を過ぎ、因果関係が認められないとして労災保険を不支給とした。
 高裁判決は「事故や左目の負傷による心理的負荷は相当強度なものだった」と指摘。事故と精神障害との因果関係を認め、不支給を取り消した。
 岩永さんは「事故では死ぬ思いをし、今も手が震える。認められて良かった」。代理人の田巻紘子弁護士は「労基署は『6カ月』の基準に形式的に当てはめるのではなく、実態に則して判断するべきだ」と話した。(大野晴香)
(4/28(水) 21:30 朝日新聞)

作業中の事故で失明 2年後の精神疾患を労災認定 名古屋高裁

 作業中の事故で左目を失明し、2年後に発症した精神疾患もこの事故が原因だったとして、愛知県一宮市の男性が労災保険の休業補償を不支給とした国の処分の取り消しを求めた訴訟の控訴審で、名古屋高裁(始関正光裁判長)は28日、請求を棄却した1審の名古屋地裁判決(2020年7月)を変更し、処分の一部を取り消した。
 男性は同市内の自動車部品製造会社で働いていた岩永純弘さん(55)で、12年10月に作業中の事故で左目に重傷を負った。この事故で岩永さんは失明状態となり、事故から2年後の14年10月にうつ病などの精神疾患と診断された。一宮労働基準監督署は左目のけがを労災認定したが、精神疾患は労災と認めず、休業補償などを不支給とした。岩永さんはこれを不服として16年7月に提訴した。
 1審は11年に厚生労働省の専門部会が出した基準などに照らし、事故から6カ月以上経過して発症した精神疾患は業務に起因するものではないと判断した。
 これに対し、高裁は判決で「2年余をかけて失明するという経過があり、業務起因性判断において当然考慮されなければならない」と指摘。厚労省の基準では例外的に、傷病で生じた強い苦痛などが原因となって精神疾患を発病した場合は6カ月より前でも対象に含められるとしている点に触れ、「事故による心理的負荷は精神疾患の発病と因果関係を認めるに足りる強度だった」と判断した。
 判決後、取材に応じた岩永さんは「同じように苦しんでいる人の救いになれば」と話した。一宮労基署は「判決内容を検討し、関係機関と協議して今後の対応を決めたい」とコメントした。【道永竜命】
(4/28(水) 19:39 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます