報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

面会不許可に賠償命令=日本赤軍元メンバーら勝訴―名古屋高裁

 日本赤軍元メンバーの泉水博受刑者(80)=強盗殺人罪で無期懲役確定=との文通や面会を岐阜刑務所が禁じたのは違法として、泉水受刑者と支援者ら8人が国に約100万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が5日、名古屋高裁であった。
 藤山雅行裁判長は一審岐阜地裁判決を一部変更し、国に対し泉水受刑者と7人に計47万円の支払いを命じた。
 藤山裁判長は、親族以外の面会を厳しく制限していた旧監獄法と異なり、刑事収容施設法は外部交通を広く認めようとする趣旨でつくられていると指摘。原告らの面会不許可に合理的根拠はなく、「裁量権の逸脱または乱用」と判断した。
 岐阜刑務所は2010年8月〜翌年1月、それまで認めていた泉水受刑者と支援者らとの文通や面会を禁止。一審判決は泉水受刑者と2人の文通についてのみ、計20万円の賠償を認めていた。
(10/5(木) 19:42 時事通信)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます