報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

裁判官を戒告処分=判決文未完で言い渡し−名古屋高裁

 担当した民事事件で判決文未完のまま判決を言い渡していたとして、名古屋高裁は29日までに、分限裁判で岐阜地裁の山崎秀尚裁判官(58)を戒告の懲戒処分とする決定をした。処分は28日付。地裁によると、山崎裁判官は退官の意向を示している。
 名古屋高裁が認定した事実によると、山崎裁判官は名古屋地裁岡崎支部在任中の2017年4月17日〜18年3月30日、36件の民事事件で、判決文を完成させないまま判決を言い渡した。
 4月上旬、名古屋地裁の職員が山崎裁判官の裁判記録を確認し、発覚。岐阜地裁が高裁に対し、裁判官分限法に基づき懲戒を申し立てていた。岐阜地裁の調べに、「事件処理に追われて、やむなく行った」と話していた。
(2018/06/29-16:47 時事ドットコム)

名古屋高裁 岐阜地裁判事に戒告の懲戒処分

 判決書原本に基づかず民事訴訟の判決を言い渡したとして、岐阜地裁は29日、同地裁の山崎秀尚(ひでひさ)判事(58)について、名古屋高裁が戒告の懲戒処分にしたと発表した。処分は28日付。地裁が高裁に懲戒を申し立てていた。
 岐阜地裁によると、山崎判事は名古屋地裁岡崎支部判事だった昨年4月17日〜今年3月30日の間、36件の民事訴訟で判決書の原本の作成を怠り、草稿に基づいて判決を言い渡した。
 関係者の指摘を踏まえて4月上旬、名古屋地裁が記録を点検。通常より当事者への判決書送達に時間がかかっており、内部調査で違反が判明した。【沼田亮】
(2018年6月29日 22時07分(最終更新 6月29日 22時07分) 毎日新聞)

決定

名古屋高等裁判所 平成30年(分)第1号

名古屋高等裁判所特別部
裁判長裁判官 揖斐潔
   裁判官 盒凝
   裁判官 山口裕之
   裁判官 水野圧彦
   裁判官 水谷美穂子

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます