報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

傍聴マニアの間で圧倒的な支持を受ける“スター裁判官”の身の上話

 今年の上半期もさまざまな事件があった。コカイン使用の疑いで逮捕されたピエール瀧の裁判では、裁判官の補充質問や“劇場型”な説諭が大きな話題になったが、事件の行方だけでなく裁判官の説諭を聞くのも、傍聴マニアにとっては興味深い点だという。
 なかでも、“説諭のスター”と傍聴マニアの間で圧倒的な支持を受けているのが、長野地裁の室橋雅仁裁判官だ。「この人の説諭を聞きたい!」と裁判所に通う傍聴マニアもいるほど人気が高い室橋雅仁裁判官は、いったいどんな言葉を語っているのか。
 裁判ウオッチャーで芸人の阿曽山大噴火が語る。
 「室橋裁判官は29才で法曹界に入った人で、裁判官になる前は別の仕事をしていたんです。そのため、以前、自分はこんなことをしていたと、身の上話をすることがあります。裁判官がプライベートの話をするだけでもレアなのに、室橋裁判官は過去にあった自分の恥ずかしいことまで話すんですよ」
 たとえば、2007年にはパチンコで大当たりした女性を尾行し、ひったくりを働いた被告に対し、補充質問で《私もパチンコに熱中していたことがありました。父親に借金までしてパチンコに負けた時、おやじが苦労して稼いだ金で、こんなことをしていいのかと思い、それから20年、一度もパチンコはしていません》と過去を告白した。司法ジャーナリストの長嶺超輝さんが語る。
 「裁判官も、生まれた時から完全無欠ではないと話すことで、被告人の心を開かせる。室橋裁判官にはそんな一面があります。だから以前、覚せい剤を使用した罪で逮捕された元俳優の高知東生さんの裁判を室橋裁判官が担当すると知った時は、その言葉に注目していました」
 そして2016年9月15日、高知被告(当時)に有罪判決を下した時の説諭が以下の言葉だ。
 『事件であなたが失ったものは大きい。だが事件後、10代からの薬物使用を素直に話したのは更生の思いが後押ししたと思う』
 これには傍聴マニアからも歓喜の声が上がったという。
 他の事件でも、室橋裁判官は印象に残る言葉を残しているので、紹介してみよう。
 35才、住居不定、無職の男がコンビニで店員にカッターナイフを突きつけて、現金を要求。だが、店員は応じず、強盗未遂となった事件に対して、以下のような発言をしている。
 『実は私も前の仕事を辞め、親に言えなくて、スーツを着て、朝出て行って、最後は隅田公園にたどり着いていました』
 調書には仕事を辞めてから、隅田公園をふらふらしていたと書かれていたという。
 「それに対し、室橋裁判官は自分も同じように親に言えず、仕事を辞めた時に隅田公園に行っていたという過去を告げたのです。しかも、《私は(ふらふらした生活を)3か月続けていました》とまで。
 さらに、《人の人生なんてわからないですよ。私も裁判官になったのは30才過ぎてからなので、あの頃は、ここで人を裁いているなんて思いませんでした》と、言いづらいことをさらりと告げるんです」(阿曽山)
 事件ばかりがクローズアップされ、担当裁判官が注目されることはほとんどない。
 「裁判官は無名の公人。新聞記事を見ると、その事件の担当裁判官名も書かれています。たとえ傍聴できなくても、誰が担当したのかを知った上で事件を見ると、また見え方が変わり面白いと思います」(同前)
 裁きの場である法廷では、個性あふれる裁判官の名言を聞くことができるようだ。
(9/8(日) 11:00 マネーポストWEB)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます