報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

側溝に転落し後遺症、市に賠償命令 「防止措置講じず」

 歩行中に市道脇の側溝に落ちてけがを負ったのは市の道路管理に問題があったとして、福島市の女性(当時78)が損害賠償を求めた民事訴訟の判決が11日、福島地裁(遠藤東路裁判長)であった。遠藤裁判長は市が「転落を未然に防止する措置を講じていなかった」として市に約4500万円の支払いを命じた。
 判決文によると、女性は2013年10月11日の午後6時ごろ、同市方木田の市道を自転車を押して歩いていたところ、段差が最大約90センチの側溝に落下、頸髄(けいずい)を損傷し寝たきりになった。現場は車通りの多い片側1車線の道路で歩道がなく、ガードレールはなかった。
 判決では看板などで危険を促すなどの防止策を講じなかったのは市の安全管理に瑕疵(かし)があると認定した。
 市は提訴を受け16年10月、現場に赤いポストコーンを設置した。原告側弁護士によると女性は「私のような被害者を二度と出さないで欲しい」と対策を講じた市の対応を評価しているという。原告と市は共に、今後の対応を検討するとしている。(飯沼優仁)
(2018年9月12日07時45分 朝日新聞)

福島市に4500万円賠償命令 市道脇の側溝転落、女性に後遺症

 福島市の市道脇の側溝に落ちてけがをし、後遺症を負ったとして、同市の女性(82)が道路を管理する市に慰謝料など約1億4200万円の損害賠償を求めた訴訟で、福島地裁(遠藤東路裁判長)は11日、市が注意喚起や安全対策を怠ったと認定し、約4500万円の賠償を命じた。
 遠藤裁判長は、市道周辺は歩道や十分な路側帯がなく、側溝がガードレールの切れ目に位置していたため「側溝を認識しづらく、転落しやすい状況だった」と指摘。夜間の転落だったことも踏まえ「防護柵や道路照明の設置など、市は措置を講じる必要があった」と結論付けた。後遺症については原告の病気が影響した、と判断した。
 訴状によると、女性は2013(平成25)年10月に、同市方木田の市道を自転車を押して歩いていた際、道路脇の側溝に自転車ごと転落。全身を強く打ち、後遺症が出た。
 木幡浩市長は判決を受け「この道路施設については国の基準以上に安全性に配慮して設置、管理している。今後の対応については判決の内容を十分に精査して検討したい」とした。
(2018年09月12日 09時48分 福島民友)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます