報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

女性4人に薬物飲ませ乱暴 男に懲役17年判決 

 睡眠作用のある薬物を女性4人に飲ませ、乱暴したなどの罪に問われている男の裁判員裁判で、福岡地裁は、男に懲役17年の実刑判決を言い渡しました。
 判決によりますと、福岡市東区の会社役員・小原光春被告(46)は、おととし11月、当時18歳から21歳の知人女性4人に睡眠作用のある薬物を飲ませ性的な暴行をするなどして、うち1人には全治1週間のけがをさせるなどしました。
 小原被告は起訴内容について、4つの事件のうち2つは認めた一方、ほか2つではけがはさせていないなどとして、争っていました。
 15日、福岡地裁で開かれた裁判員裁判の判決公判で、柴田寿宏裁判長は4つの事件すべてを認定し、「1件1件がそれぞれ卑劣かつ悪質な性犯罪」「被害者らの人格を無視してその体を弄んだ」として、求刑18年に対し懲役17年の実刑判決を言い渡しました。
(9/15(水) 20:15 九州朝日放送)

キスマークは「傷害」と認定 準強制性交等致傷の男に懲役17年判決

 キスマークは「けが」にあたる――。福岡地裁で15日にあった判決公判で、そんな判断が示された。
 公判は、女性4人(当時18〜21歳)に睡眠薬を飲ませて性的暴行を加えたなどとして、準強制性交等致傷などの罪に問われた福岡市東区の会社役員、小原光春被告(46)の裁判員裁判。被害者の1人は首や胸を口で吸われたことで皮下出血が生じ、検察は準強制性交等致傷罪の「傷害」に当たると主張。弁護側は治療を受けていない「軽微なもの」だとして傷害にはあたらないと反論していた。
 判決は、キスマークが大きいもので3センチあったことや、色の濃さなどから「一見して奇異に見られるもの」と指摘。女性は首に湿布を貼って隠し、職場の研修も休むなど「日常生活に支障をきたした」として、傷害にあたると判断した。
 被告が2019年11月11〜22日、福岡市中央区のバーなどで知人女性4人に睡眠導入剤を飲ませて抵抗できない状態にし、車でホテルに連れ込み性交するなどしたことも認定。柴田寿宏裁判長は懲役17年(求刑懲役18年など)の実刑判決を言い渡した。
 準強制性交等致死傷罪の法定刑は「無期または懲役6年以上」で、準強制性交等罪の「懲役5年以上」より量刑が重くなる。(布田一樹)
(2021年09月15日 20:54 朝日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます