報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

福岡市と久留米市の“自宅に放火” 保険金目的で1000万円だまし取る 無職の男に懲役13年 福岡地裁

 4年間に自分が住んでいた部屋で4件の放火事件を起こし、保険金1000万円あまりをだまし取った男に、懲役13年の判決が言い渡されました。
 判決を受けたのは、住所不定の無職・井祐太被告(28)です。
 判決によりますと井被告は、2015年から2019年までの間に住んでいた福岡市と久留米市の部屋・計4部屋に放火した上、火災保険金1000万円あまりをだまし取りました。
 14日、福岡地裁の柴田寿宏裁判長は「火災による死傷者はいないものの住民は大きな不安と恐怖を感じていて、保険金目的での放火は厳しい非難を免れない」と指摘。
 一方で「だまし取った保険金は両親が全額弁償していて、被告も罪を認めて反省している」などとして、井被告に懲役13年を言い渡しました。
(5/14(金) 20:39 テレビ西日本)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます