報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

飲酒死亡事故に求刑超える判決 福岡地裁「検察は悪質性をやや軽視」

 福岡市早良区で昨年3月、飲酒運転の車で男性=当時(31)=をはねて死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)の罪に問われた福岡県久留米市の無職緒方茜被告(33)の裁判員裁判で、福岡地裁が求刑(懲役8年)を超える懲役8年6月の判決を言い渡した。判決は4日付。中田幹人裁判長は「検察官は犯行の悪質性や非難の強さをやや軽視したと言わざるを得ない」と述べた。
 判決理由で中田裁判長は、被告が事故1カ月前から仕事帰りに飲酒運転を繰り返していたとし「常習的な飲酒運転の危険が顕在化した犯行」と指摘。当日も運転直前まで約5時間にわたり飲酒しており「厳しい非難に値する」と述べた。
 判決によると緒方被告は昨年3月28日未明、飲酒で正常な運転が困難な状態で、車道に座り込んでいた男性を同市西区まで車で約3キロ引きずり、死亡させた。
 最高裁によると、全国の裁判員裁判で求刑を超える判決が出た被告は2012年に19人、13年に14人、14〜19年は0〜4人。(森亮輔)
(3/5(金) 20:38 西日本新聞)

飲酒運転で男性を3キロ引きずり、死亡させた被告に求刑上回る判決…「検察は悪質性軽視」

 飲酒運転の車で男性を約3キロ引きずり、死亡させたとして、自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致死)に問われた無職緒方茜被告(33)の裁判員裁判で、福岡地裁は4日、求刑(懲役8年)を上回る懲役8年6月の判決を言い渡した。中田幹人裁判長は「検察官は悪質性を軽視している」などと述べた。
 判決によると、緒方被告は昨年3月28日未明、酒を飲んで前照灯をつけずに車を運転。福岡市早良区の道路に座り込んでいた会社員男性(当時31歳)を車の底に巻き込んで同市西区まで約3キロ引きずり、死亡させた。
 判決は、被告は事故の1か月前から仕事帰りに飲酒運転を繰り返していたと認定。飲酒運転の危険性が広く周知される中、「悪質で、厳しい非難に値する」と指摘した。男性側の落ち度などを考慮した検察官の求刑について「悪質性や非難の強さをやや軽視したと言わざるを得ない」と判断した。
 最高裁によると、全国の裁判員裁判で求刑を上回る判決が出た被告は2012年には19人に上り、13年は14人。14〜19年は0〜4人で推移している。
(3/5(金) 7:34 読売新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます