報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

女性を殴り死なせる 父親と兄に懲役3年6ヵ月判決

 久留米市でおととし、当時45歳の女性が暴行され死亡した事件で、傷害致死の罪に問われた女性の父親と兄に、懲役3年6ヵ月の判決が言い渡されました。
 判決によりますと、父親の溝上庄四郎被告(77)と兄の博文被告(48)は、おととし6月、久留米市の自宅で両被告の現金数千万円を持ち出すなどした当時45歳の女性に対し、顔を殴るなどして死亡させました。
 5日、福岡地裁で開かれた判決公判で、柴田寿宏裁判長は「執拗に暴力を加え、中にはかなり強度の暴行があった」などと指摘。
 一方で、被害女性が数千万円を持ち出し、貯金を無断で解約していたことも認定し「怒りを募らせたのは無理もない」として、それぞれ5年の求刑に対し両被告に懲役3年6ヵ月の判決を言い渡しました。
(2/5(金) 18:15 九州朝日放送)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます