報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

監護者性交、男に再び実刑 無罪破棄の差し戻し控訴審

 14歳だった養女に対する監護者性交の罪に問われ、一審の無罪判決が破棄された男(40)の差し戻し控訴審判決で、福岡高裁(根本渉裁判長)は29日、有罪と認め懲役7年とした差し戻し後の福岡地裁判決を支持し、被告側控訴を棄却した。養女の被害証言の信用性が争われ、高裁は信用できると判断した。
 差し戻し後の地裁判決は今年6月、養女の被害申告を受けた児童相談所のやりとりの録音などを根拠に、証言の信用性を認定。高裁も29日「他者によってゆがめられたり、不合理に変遷したりしておらず、作為的でもない」とし、核心部分は一貫していると指摘した。
(10/29(金) 12:48 共同通信)


“養女と性行為”差し戻し控訴審 男の控訴を棄却

 自宅で当時14歳の養女と性行為をした罪に問われ、一審で無罪となったものの、差し戻し審で有罪判決を受けた男の控訴審で、福岡高裁は29日男の控訴を棄却しました。
 この裁判は2018年、被告の男(40)が福岡県内の自宅で当時14歳の養女と性行為をしたとして、監護者性交等の罪に問われたものです。
 1審で福岡地裁は無罪判決を出しましたが、検察の控訴で福岡高裁は「養女の供述に関する審理が不十分」として1審を破棄し、審理を福岡地裁に差し戻しました。
 その差し戻し審で福岡地裁は今年6月、養女の供述の信用性を認め男に懲役7年を言い渡しましたが、弁護側が事実誤認などとして控訴していました。
 29日の判決で福岡高裁の根本渉裁判長は、福岡地裁で出された懲役7年の判決を支持し、男の控訴を棄却しました。
 弁護側は上告する方針です。
(10/29(金) 17:15 九州朝日放送)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます