報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

元組員、死体遺棄は無罪 恐喝未遂は有罪判決 福岡の女性暴行死

 福岡県太宰府市で佐賀県基山町の女性=当時(36)=が暴行され死亡した事件に絡み、死体遺棄と恐喝未遂の罪に問われた元暴力団員、田中政樹被告(47)の判決公判が21日、福岡地裁であった。足立勉裁判長は、女性の夫への恐喝未遂罪について懲役2年、執行猶予4年とした一方、死体遺棄罪については「遺体の遺棄に該当しない」として無罪を言い渡した。求刑は懲役2年6月だった。
 田中被告は、山本美幸被告(42)=傷害致死などの罪で起訴=らと共謀し、2019年10月20日早朝、福岡市博多区から太宰府市まで車で女性の遺体を運んだなどとして起訴された。田中被告は車に乗っていなかったが、検察側は、田中被告が山本被告に電話で遺体の処理方法を助言するなど、主導的な役割を果たしたと主張していた。
 判決理由で足立裁判長は、死体遺棄罪が成立するのは「宗教風俗上や道徳上、認められない方法で隠匿するなどした場合」と説明。その上で、山本被告らは「車内で遺体に物をかぶせるなど隠匿するための積極的な行為はしていない」と指摘し、車で遺体を運んだ目的は「時間稼ぎだった」と判断した。
 さらに、同罪が成立するとしても「田中被告は遺体の移動の意思決定に関与していない」と述べ、共謀は認められないと結論づけた。
 田中被告の弁護人は「こちらの主張を基本的に認めてもらい、納得できる判決」とした。福岡地検は「判決内容を詳細に検討し、上級庁とも協議の上、適切に対応する」としている。
 山本被告に対する傷害致死や死体遺棄の罪の裁判員裁判は2月に始まる予定。(森亮輔)
(1/22(金) 12:26 西日本新聞)

太宰府主婦暴行死 元暴力団員、死体遺棄は無罪 恐喝未遂は有罪 福岡地裁判決

 福岡県太宰府市で2019年10月に主婦の高畑瑠美さん(当時36歳)の遺体が見つかった事件を巡り、死体遺棄と恐喝未遂の罪に問われた同県筑後市の元暴力団員、田中政樹被告(47)に、福岡地裁は21日、死体遺棄罪について無罪を言い渡した。高畑さんの夫への恐喝未遂罪は有罪とし、懲役2年、執行猶予4年(求刑・懲役2年6月)とした。
 田中被告は、19年10月20日朝、山本美幸被告(42)=傷害致死罪などで起訴=らと共謀し、高畑さんの遺体を車に乗せて福岡市内から太宰府市内の駐車場に運んだほか、19年8〜9月ごろには、高畑さんの夫裕(ゆたか)さん(35)から現金を脅し取ろうとしたとして起訴された。田中被告は遺体を乗せた車に乗っておらず、山本被告から電話で相談を受けただけで死体遺棄罪が成立するかが争点だった。
 足立勉裁判長は、高畑さんは車の後部座席に自ら乗り、そのまま死亡したと指摘。車内で遺体を移動させたり物をかぶせたりしていないことから「隠匿するための積極的な動作は何らしていない」として死体遺棄罪自体が成立しないと判断し、田中被告の共謀も認めなかった。裕さんへの恐喝未遂罪は「暴力団員を装って強烈な脅迫文言を告げており、重要な役割を果たした」と非難した。
 死体遺棄罪を巡って、弁護側は「山本被告らは車の後部座席に遺体を乗せて走行しただけで、隠す意図はなかった」と主張。山本被告らとの共謀についても否定していた。
 福岡地検は「判決内容を詳細に検討し、上級庁とも協議の上、適切に対応する」とのコメントを出した。【一宮俊介】
(1/21(木) 20:50 毎日新聞)

太宰府市主婦暴行死事件・裁判 田中被告に有罪 「死人に口なし」生々しい会話の録音も再生

 福岡・太宰府市で起きた主婦暴行死事件で、恐喝未遂について元暴力団組員の男に有罪判決が言い渡された。法廷では、「死人に口なしや」など生々しい会話の録音も再生された。
 2019年10月、佐賀・基山町の主婦・高畑瑠美さん(当時36)が外傷性ショックで死亡した太宰府市主婦暴行死事件。
 その後の捜査で、瑠美さんと同居していた山本美幸被告(42)、その交際相手の岸颯被告(25)を傷害致死などの罪で起訴。また、瑠美さんの遺体を運ぶ際に電話で指示をしたなどとして元暴力団組員の田中政樹被告(47)が、死体遺棄などの罪で起訴されている。
 2月に始まる山本被告と岸被告の裁判員裁判を前にした1月21日、共犯の田中被告に判決が言い渡された。
 判決当日、入廷する田中被告に記者が問いかけた。
 記者:田中さん! 判決ですけど、今のお気持ちは?
 田中政樹被告:…ノーコメント
 死体遺棄などの罪に問われている田中政樹被告は、記者の問いかけには応じず、そのまま裁判所へ向かった。
 ーー脅迫電話の録音音声(2019年9月・瑠美さんの夫が録音)
 山本美幸被告:詐欺やろ。詐欺
 田中政樹被告:おう! 弁護士◎△$♪×¥!?ナメたまねしてくれたな。弁護士いれた△&*%+=◆〇@×$上等や。弁護士入れてどないなるかしてみたらいいやない。なぁ、聞いてる? 黙りんこか? 黙りんこかいうとんのや!
 山本美幸被告:ちょっとアニキ、声を静めて、今、公共の場やけんさ、フッ
 田中政樹被告:おおう、公共もへったくれもあるかいコラ!
 起訴状などによると、田中被告は2019年8月から9月にかけて、山本美幸被告と共謀し、亡くなった高畑瑠美さんの夫から現金305万円を脅し取ろうとしたほか、2019年10月には、山本被告や岸颯被告と共謀して、瑠美さんの遺体を福岡市博多区から太宰府市まで車で運んだ死体遺棄の罪に問われていた。
 ーー初公判時
 田中政樹被告:自分は、死体遺棄したつもりはありません。共謀したつもりもありません。以上です
 これまでの裁判で、田中被告は、恐喝未遂については認めたものの、死体遺棄については否認し、「山本被告らと電話でやり取りしただけで、現場にはいなかった」、「そもそも遺体を車で運んだだけであって、遺棄にはあたらない」などと無罪を主張していた。
 「死人に口なし」…車内で交わされた会話
 一方、検察側は、車内で交わされた生々しい会話の録音を法廷で再生した。
 田中被告らが車内で交わした会話は…
 ーー検察が法廷で再生した音声
 山本美幸被告:まさか死ぬとは思ってないよ
 岸颯被告:太宰府インター降りる直前に後ろ見たら、息してない。舌かんだ状態で
 田中政樹被告:殴ったの何時や?
 山本美幸被告:昨日の夜中まで殴りよったかもしれん
 田中政樹被告:どの程度?
 山本美幸被告:木刀で
 田中政樹被告:顔、殴ったりしとるわけじゃないんやろ?
 山本美幸被告:私、顔殴った
 田中政樹被告:警察は免れんやんけ。埋める以外
 山本美幸被告:でも、埋めるとか無理よ、さすがに私は、しきらん
 岸颯被告:俺はできるけど!
 山本美幸被告:全責任が私にくるんよ、もう〜
 岸颯被告:下手なうそつくより、ある程度本当に言って黙っとく。死人に口なしやけんね
 田中政樹被告:死人に口なしや
 検察側は、「遺体を埋める提案や体の傷についての口裏合わせなど積極的に意見した」などと指摘して、田中被告に懲役2年6カ月を求刑した。
 判決前日に直撃 田中被告「後悔はしとる」
 1月20日、田中被告を直撃。被告は今回の事件について、次のように語った。
 ーー田中被告への取材
 田中政樹被告:後悔はしとる。命なくなるまで追い込んどるわけやからな
 記者:これまでに山本被告と何人くらいから金を脅し取った?
 田中政樹被告:10人いかんくらい
 記者:本当に? 20年前から2人で同じことやってますよね
 田中政樹被告:よう調べとるなぁ。二人三脚、あうんの呼吸でやってきた。でも、わしが出ていくのは、金を払わんとかそういう障害が発生した時だけや
 一方、遺族に対しては…
 田中政樹被告:ん〜、自分が関わったことで遺族には…ん〜、どんな言葉も軽いな。1人死んどるのに申し訳ないでは軽い。そやろ?
 恐喝未遂は有罪 一方で死体遺棄は無罪に
 そして、21日の判決公判。
 福岡地裁・足立勉裁判長:主文。被告人を懲役2年、執行猶予4年に処す
 福岡地裁の足立勉裁判長は、恐喝未遂について「暴力団員を装って強烈な脅迫文言を告げており、重要かつ不可欠な役割を果たしている」と指摘。
 一方、死体遺棄については、「口裏合わせなどの行為は身勝手で好ましいことではない」としたが、「死体を車に乗せて走行させたのは、時間稼ぎを考えたもので、隠匿しようとしたものではなく、刑法上の遺棄には該当しない」として無罪とした。
 死体遺棄については無罪に
 そして、弁護側の主張通り懲役2年、執行猶予4年の判決を言い渡した。
 田中被告は、テレビ西日本の直撃取材に対して「瑠美さんが暴行を受けていることも知っていた。止めていればよかった」と悔やんだ一方で、山本被告については、「今でもかわいい妹分」と話した。
 2月2日からは、その山本被告らの裁判員裁判が始まるが、山本被告は、起訴内容を完全に否認するとみられている。(テレビ西日本)
(2021年1月27日 水曜 午後6:30 テレビ西日本)

その後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます