報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

女性転落殺害で懲役22年 無罪主張退け、福岡地裁

 福岡県八女市で2015年、知人の飲食店従業員池田麻里さん(当時25)に睡眠薬を飲ませ、橋から転落させ殺害したなどとして、殺人などの罪に問われた無職、佐久田なつき被告(33)の裁判員裁判で、福岡地裁は15日、無罪主張を退け懲役22年(求刑懲役25年)の判決を言い渡した。
 柴田寿宏裁判長は、被告が処方されていたものと同じ睡眠薬の成分が池田さんから検出されたことなどから、被告が池田さんに睡眠薬を飲ませ、橋まで連れて行ったと認定。他にも複数の事情を挙げ「犯人と示す事実がこれほど偶然に積み重なることはない」として、被告が転落させたと判断した。
 その上で「動機は不明だが、被害者を憎んでいたとしても逆恨みで、無慈悲で冷酷な犯行だ」と量刑の理由を説明。被告が解離性同一性障害であることは、犯行に影響していないとした。
 判決によると、被告は15年4月4日未明ごろ、同県久留米市の自宅で、交際していた男性の首をひもで絞めてけがを負わせた。同月29日未明ごろには、池田さんに睡眠薬を飲ませ、八女市の橋から約55メートル下の川に落として殺害した。
 黒のセーターとズボン姿の被告は、有罪言い渡しにも微動だにせず、じっと裁判長を見つめていた。判決理由が読み進められると、天井を見上げたり、手元の資料をめくったりしていた。〔共同〕
(2020/7/15 18:06 日経新聞)

その後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます