報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

女性切りつけ事件で工藤会系元組幹部らに実刑判決 「卑劣で反社会的」 福岡地裁

 北九州市八幡西区で2014年に女性(当時48歳)が刃物で切りつけられた事件で、福岡地裁は19日、傷害罪に問われた特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)系元組幹部、守永竜二被告(50)ら3被告に実刑判決を言い渡した。守永被告が懲役3年2月(求刑・懲役4年)▽工藤会系元組幹部、山元信二被告(61)は懲役3年6月(同・懲役4年)▽同会系組員の宮本光陽被告(40)は懲役3年(同3年6月)――だった。
 足立勉裁判長は、当時工藤会会長代行で3被告が所属していた同会系組長だった本田三秀被告(63)=同罪で公判中=との共謀を認定。犯行場所の下見などをし、現場指揮役や運転役、実行役に役割分担した「組織的で計画的な犯行」と指摘した。犯行動機は明らかでないとしつつ「一般人襲撃をも意に介さない、卑劣で反社会的な発想に基づく犯行」と非難した。
 判決によると、3被告は本田被告と共謀して14年7月、同区折尾のマンション駐車場で、北九州市漁協の幹部が経営する会社に勤めていた女性の尻や左肩を刃物で刺してけがをさせた。
(6/19(金) 20:18 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます