報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

工藤会系組員に懲役23年の判決 入店禁止標章掲示の飲食店に放火 福岡市

 暴力団組員の立ち入りを禁止する標章を掲げた店が入るビルに、放火するなどしたとして、組員に懲役23年の判決が言い渡されました。
 判決によりますと、工藤会系の組員・丸本木晴被告(48)は、2012年、工藤会の幹部らと共謀して、北九州市小倉北区の暴力団の入店禁止標章を掲げた飲食店が入居するビルで、エレベーターに灯油をまいて放火したほか、2013年の看護師襲撃など、合わせて4件の事件に関与しました。
 28日の判決で、福岡地裁の足立勉裁判長は、「暴力団特有の論理に基づく、反社会的で凶悪な犯行」と指摘。
 「放火事件で実行役を担い、各犯行で被告人が果たした役割の重要性から、刑事責任は非常に重い」として、丸本被告に懲役23年を言い渡しました。
(3/28(木) 19:30 テレビ西日本)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます