報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

工藤会トップに懲役3年、上納金巡る脱税事件 福岡地裁

 指定暴力団工藤会(北九州市)の「上納金」をめぐる脱税事件で、所得税法違反罪に問われた工藤会トップで総裁の野村悟被告(71)の判決公判が18日、福岡地裁であった。足立勉裁判長は、企業などからの上納金の一部を野村被告の個人所得と認定。「工藤会の威力を背景として得た上納金で、悪質だ」として、懲役3年、罰金8千万円(求刑懲役4年、罰金1億円)を言い渡した。
 工藤会幹部の山中政吉被告(67)も、懲役2年6カ月(求刑懲役3年6カ月)の実刑判決。福岡県警が2014年9月に工藤会壊滅をめざす「頂上作戦」を始めて以降、野村被告に対する判決は初めて。野村被告は近く控訴する意向で、山中被告は即日控訴した。
 判決によると、野村被告は10〜14年、工藤会の「金庫番」とされる山中被告と共謀。建設業者らから集めた上納金のうち、約8億1千万円を個人の所得にしながら別人名義の口座に隠し、所得税約3億2千万円を脱税した。
 判決は、山中被告が管理する複数の口座に、ほぼ一定の比率で現金が、ほぼ同時刻に頻繁に入金されていたと指摘。こうした入金状況が、「上納金は、野村被告ら最高幹部と工藤会本体で分けられていた」とする元組関係者の供述と「よく整合する」と判断した。
 その上で、一部の口座からの出金が、親族の生活費や交際相手のマンション購入など野村被告個人の用途に充てられていたことを踏まえ、「野村被告の取り分として私的に使用できる金銭が口座に入金されていたと推認でき、実質的に野村被告に帰属すると認めるほかない」と結論付けた。
 弁護側は、「口座の金は工藤会の金」として両被告の無罪を主張。元組関係者の供述について「重要な事実に変遷がある」と訴えたが、足立裁判長は「野村被告らに不利益となる虚偽の供述をするとも考えがたく、野村被告の親族の内情など体験した者でなければ語り得ない内容を含み、信用性は高い」として退けた。
 野村被告は元漁協組合長射殺や看護師刺傷、県警元警部銃撃など四つの襲撃事件に関わったとして、殺人罪や組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)罪などでも起訴されている。公判の日程は未定。
 日本弁護士連合会民事介入暴力対策委員会前委員長の木村圭二郎弁護士の話
 工藤会トップの野村悟被告に対する最初の判決で有罪が得られたことは、工藤会に対する捜査の信頼性を一定程度裏付けるものとして、重要な意義がある。警察は近年、暴力団の資金源としてみかじめ料の取り締まりを強化しているが、今回の判決はそうした流れを支える判断だ。
 立正大学の山下学教授(租税法)の話
 捜査当局が暴力団の上納金について所得税法違反の観点から捜査に取り組んだことは評価できる。一方、検察側の立証は粗かった。通常の脱税事件の立証は入出金の綿密な調査に基づくが、今回は裏付けが不十分な印象だ。「疑わしきは被告人の利益に」という刑事裁判の原則から言えば、こうした立証で実刑を認めたのは疑問が残るし、有罪の結論ありきの感もある。
(2018年7月18日21時00分 朝日新聞)

工藤会上納金脱税 総裁に懲役3年、罰金8000万円判決 福岡地裁 金庫番で同会幹部にも懲役2年6月の実刑判決

 特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)の上納金を巡って3億2067万円を脱税したとして、所得税法違反に問われた同会トップで総裁の野村悟被告(71)に対し、福岡地裁(足立勉裁判長)は18日、懲役3年、罰金8000万円(求刑・懲役4年、罰金1億円)を言い渡した。福岡県警が工藤会壊滅を目指して2014年9月に始めた「頂上作戦」以降、野村被告への判決は初めて。野村被告は元漁協組合長射殺など4事件でも殺人罪などで起訴されており、来春以降開かれる公判にも影響を与えそうだ。
 判決は「野村被告の収入は工藤会の威力を背景に建設業者などから継続的に供与された上納金に由来し、悪質だ」と述べ、建設業界やパチンコ業界などからのみかじめ料を資金源に、不正蓄財と組織維持を図ってきた野村被告を批判した。暴力団特有の「上納金徴収システム」を巡って組織トップの脱税が認定されるのは極めて異例だ。
 ともに同法違反に問われた、工藤会の「金庫番」で同会幹部の山中政吉被告(67)は懲役2年6月(求刑・懲役3年6月)とした。野村被告は判決を不服として控訴する方針。山中被告は即日控訴した。
 実態が不透明な上納金を個人所得として問えるかが公判の焦点だった。判決は、野村被告の資金分配を見たという元工藤会関係者の証言を基に、上納金が▽前総裁3割▽野村被告3割▽他の幹部ら3割▽工藤会1割−−に分配されていたと認定。山中被告が管理していた、幹部ら以外の三つの口座への入金記録とも整合していることを踏まえ、うち一つが野村被告の取り分だったとした。
 そのうえで、野村被告の口座の金が愛人のマンション購入などに使われたことなどから野村被告の個人所得だったと認めた。さらに、入った金は野村被告の「雑所得」に当たるのに隠して申告せず、不正行為を認識していたことは明らかだと指摘した。
 判決によると、両被告はは共謀し、10〜14年の収入のうち8億990万円を隠して所得税3億2067万円の支払いを免れた。
 【ことば】工藤会
 北九州市小倉北区に本部を置く暴力団。意に沿わない一般人への襲撃を繰り返す悪質さから2012年12月に全国唯一の「特定危険指定暴力団」に指定された。福岡県警は14年9月にトップの野村悟被告らを殺人などの容疑で逮捕するなど、工藤会の壊滅を目指す「頂上作戦」を進めている。構成員は17年末時点で約360人。
(2018年7月18日 16時31分(最終更新 7月18日 22時27分) 毎日新聞)

工藤会トップ脱税に実刑…上納金「被告の収入」

 特定危険指定暴力団・工藤会(本部・北九州市)への上納金から得た所得を申告せず脱税したとして所得税法違反に問われた同会トップで総裁の野村悟被告(71)に対し、福岡地裁は18日、懲役3年、罰金8000万円(求刑・懲役4年、罰金1億円)の判決を言い渡した。足立勉裁判長は、同会が建設業者などから集めたみかじめ料の一部は、野村被告に帰属すると認定。「工藤会の威力を背景に供与され、悪質」と述べた。
 上納金を巡り、暴力団トップの脱税が認定されるのは極めて異例。「金庫番」とされる共犯で同会幹部の山中政吉被告(67)については、懲役2年6月(求刑・懲役3年6月)とした。
 判決によると、野村被告は山中被告と共謀し、2010〜14年に建設業者などから集めた上納金から得た約8億1000万円の個人所得を他人名義の口座で管理して隠し、所得税約3億2000万円の支払いを免れた。
 判決は、山中被告が管理していた複数の口座に上納金が一定の割合で入金されていたと指摘。一部口座からの出金は、野村被告の愛人のマンション購入費や親族の生活費など、個人的な支出に充てられていることなどから、「野村被告の収入と認定するのが相当」と結論付けた。
 野村被告は脱税のほか、元漁協組合長射殺(1998年)、元警部銃撃(2012年)、看護師刺傷(13年)、歯科医師刺傷(14年)の4事件でも起訴されているが、公判はまだ開かれていない。
(2018年07月18日 21時50分 読売新聞)

その後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます