報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

交通死亡事故で元少年に無罪判決 福岡地裁、見えなかった可能性指摘

 福岡市で2016年、十分に安全確認をしないまま国道に合流してバイクと衝突事故を起こし、運転していた男性を死なせたとして、自動車運転処罰法違反(過失運転致死)の罪に問われた元少年の判決で、福岡地裁(蜷川省吾裁判官)は6日、「注意義務違反は認められない」として無罪(求刑禁錮1年)を言い渡した。
 事故は同年5月25日深夜、同市早良区賀茂4丁目の国道202号で発生。道路脇の飲食店から国道に合流した元少年の車に、後方から直進してきたオートバイが追突。運転していた男性会社員=当時(28)=が死亡した。
 検察側は、合流する時点で右側からバイクが走ってくるのが見えたとして元少年の安全確認は不十分だったと主張していたが、蜷川裁判官は、バイクは時速90キロ前後で走行しており、元少年が合流する際には位置的に見えていなかった可能性があると判断した。
 被害者参加制度を利用していた男性会社員の遺族は「あり得ない判決」と述べ、検察側に控訴を望む意向を示した。
(2018年04月06日 17時19分 西日本新聞)

死亡事故で元少年無罪 「運転に不注意は認められない」福岡地裁

 福岡市の国道で平成28年、乗用車で大型バイクと衝突事故を起こし、運転していた当時20代の男性を死なせたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪に問われた元少年の判決で、福岡地裁(蜷川省吾裁判官)は6日、「運転に不注意は認められない」として無罪を言い渡した。検察側は禁錮1年を求刑していた。
 元少年は28年5月、同市早良区の飲食店の敷地から乗用車を左折させて国道に出る際、右側から走ってきたバイクに注意を払わず事故を招いたとして起訴されていた。
 公判では、元少年が走行してきたバイクを確認できたかどうかが争点だった。検察側は「バイクの時速は約60キロで視認可能だった」と主張した。
 蜷川裁判官は判決理由で、バイクは時速90キロ前後だったとする鑑定もあると指摘。「実際のスピードは特定できず、元少年の視界の外にバイクがあった可能性が否定できない」と判断した。
(2018.4.6 11:30 産経WEST)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます