報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

神社で偽札使用、被告の男に有罪 福岡地裁判決

 偽の一万円札を福岡県の神社で使用したとして通貨偽造・同行使罪などに問われた無職、広田千尋被告(41)の裁判員裁判の判決公判が13日、福岡地裁であった。中田幹人裁判長は「一見して偽造したと分からない偽札が流通したのはよくない」とし、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役4年)を言い渡した。
 中田裁判長は判決理由で偽札に本物のホログラムを使っていたことなどから「偽造は工夫されていた」とした一方、家庭用プリンターで印刷した偽札は精巧さに欠けるとし、「悪質とまではいえない」と述べた。
 判決などによると、広田被告は県内5カ所の神社で偽造した一万円札を計10枚使用した。広田被告は初公判で「神様なら助けてくれると思った」などと述べていた。
(2018/11/13 11:54 日経新聞)

カラーコピーの1万円を神社で使用 福岡地裁で猶予判決

 偽造した1万円札を神社で使ったとして、通貨偽造・同行使罪に問われた福岡県飯塚市の無職、広田千尋被告(41)の裁判員裁判で、福岡地裁(中田幹人裁判長)は13日、懲役3年執行猶予5年(求刑懲役4年)の判決を言い渡した。偽1万円札10枚の没収も認めた。中田裁判長は「本物の1万円札から切り取ったホログラムを貼るなど偽造方法は工夫され、犯意の強さがうかがわれる」と述べた。
 判決によると、広田被告は3月28日ごろから4月12日ごろまでの間、飯塚市の実家などで1万円札をカラーコピーするなどして偽札を作り、太宰府天満宮など福岡県内の5カ所の神社で計10枚を使った。
 判決は、「偽札は一見して偽造と分からないが、通常の家庭用プリンターで印刷され、精巧とまでは言えない。家族の生活費に困ったという動機は、遊興費目的などと比べ悪質とまでは言えない」と指摘した。(一條優太)
(2018年11月13日16時30分 朝日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます