報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

看護師刺傷事件 工藤会実行役に懲役15年 福岡地裁判決

 特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)が関与したとされる一連の襲撃事件のうち、2013年の看護師刺傷事件の実行役を担ったとして、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)の罪に問われた同会系組幹部大石薫被告(46)の判決公判が30日、福岡地裁であった。足立勉裁判長は、同会総裁野村悟被告(71)=同罪などで起訴=の指示を認定し、懲役15年(求刑懲役18年)を言い渡した。
 判決理由で足立裁判長は、被告は鋭利な刃物を使い、相当強い力で被害者のこめかみ付近を刺したと指摘。動脈が切断されており死亡する危険性が高かったとして、未必の殺意を認定し、殺意はなかったとする弁護側の主張を退けた。
 事件の背景には野村被告の個人的な恨みがあったとし、野村被告ら上層部の指揮命令の下、組織的に計画、実行された事件と認定。「理不尽な理由による報復は正当化されない」と非難する一方、被告は詳しい目的までは知らされず、計画立案者らに比べ責任は大きくないとした。
 判決によると、大石被告は工藤会の組織的活動として、13年1月に福岡市博多区で看護師の女性を刺し殺そうとした。
(10/30(火) 14:24 西日本新聞)

<福岡地裁>女性看護師刺傷、工藤会系幹部に懲役15年

 特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)が起こしたとされる一般人襲撃事件のうち女性看護師が刺されてけがをした事件で実行役を果たしたとして、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)に問われた同会系組幹部、大石薫被告(46)に対し、福岡地裁(足立勉裁判長)は30日、懲役15年(求刑・懲役18年)を言い渡した。
 判決は、工藤会トップの野村悟被告(71)が自身の下腹部の美容整形手術の結果や、手術した病院の看護師の対応に不満を抱いたことによる組織的犯行だったとして、野村被告の指揮命令を認定。大石被告の殺意も認め、傷害罪にとどまるとの弁護側主張を退けた。
 その上で「被害者に落ち度はなく、理不尽な報復は正当化できない」と指弾。一方、大石被告の殺意が強固とは言えないと述べた。
 事件では、野村被告ら14人が起訴されたが、1審判決は同会系組幹部の中田好信被告(43)=懲役30年=に次いで2人目。中田被告の1、2審判決も野村被告の指揮命令を認定した。
 判決によると、大石被告らは野村被告の指揮命令の下、2013年1月28日、福岡市博多区で看護師の女性(当時45歳)の頭などを数回刃物で刺して殺害しようとした。女性は3週間のけがをした。
(10/30(火) 10:47 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます