報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

元組幹部に懲役27年 覚醒剤100キロ密輸

 鹿児島県の徳之島沖から覚醒剤約100キロを密輸したとして、覚せい剤取締法違反などの罪に問われた自営業で元暴力団組幹部の魚山恭嗣被告(70)と、指定暴力団神戸山口組系組幹部藤村誠也被告(69)の裁判員裁判で、福岡地裁は22日、魚山被告に懲役27年、罰金1千万円(求刑懲役30年、罰金1千万円)、藤村被告に求刑通り懲役25年、罰金1千万円の判決を言い渡した。
 足立勉裁判長は判決理由で「複数の組員らが役割分担して実行した組織的、計画的な犯行だ。密輸量は膨大で、同種事案の中で最も重い部類に当たる」と指摘。多額の報酬を目当てに魚山被告はグループのまとめ役、藤村被告は現場責任者として積極的に関わったと述べた。
 その上で足立裁判長は、2人が首謀者の指示を受けて行動していた点を考慮し、ともに無期懲役を選択した上で、刑法の酌量減軽の規定を適用し、有期刑が相当とした。
 判決によると、2人は昨年2月、東シナ海上で国籍不明の船から覚醒剤約100キロを漁船に積み替え、徳之島の漁港に陸揚げした。
(2017.9.22 18:56 産経WEST)

覚醒剤密輸の罪、元組幹部に実刑判決 末端価格70億円

 覚醒剤約100キロを密輸したとして覚醒剤取締法違反(営利目的輸入)などの罪に問われた、指定暴力団山口組系元組幹部の魚山恭嗣(70)=大阪市中央区=と、同神戸山口組系元組幹部の藤村誠也(69)=鹿児島県徳之島町=両被告の裁判員裁判の判決が22日、福岡地裁であった。足立勉裁判長は魚山被告に懲役27年、罰金1千万円(求刑懲役30年、罰金1千万円)を、藤村被告に求刑通り懲役25年、罰金1千万円を言い渡した。
 判決によると、2人は昨年2月、東シナ海で国籍不明の船から覚醒剤約100キロ(末端価格約70億円)を漁船で受け取り、鹿児島県徳之島町に陸揚げして密輸した。
 足立裁判長は、魚山被告が密輸グループのまとめ役で、藤村被告が現場で他の組員らに陸揚げなどを指示したと認定。「密輸された覚醒剤は膨大な量で、極めて悪質」と指摘した。
(2017年9月22日23時40分 朝日新聞)

覚醒剤100キロ密輸、懲役27年と25年判決

 昨年2月、鹿児島県徳之島町で覚醒剤約100キロ(末端価格約70億円)が密輸入された事件で、覚醒剤取締法違反(営利目的輸入)などに問われた元暴力団組幹部、魚山恭嗣(70)、神戸山口組系組幹部藤村誠也(69)両被告の裁判員裁判の判決が22日、福岡地裁であった。足立勉裁判長は、魚山被告に懲役27年(求刑・懲役30年)、藤村被告に求刑通り懲役25年を言い渡した。また、両被告をそれぞれ、求刑通り罰金1000万円とした。
 足立裁判長は「社会に甚大な害悪を広げる危険性があった極めて悪質な犯行」と述べた。判決によると、両被告は別の神戸山口組系組幹部らと共謀。昨年2月、東シナ海の公海上で国籍不明の船から覚醒剤約100キロを漁船に積み替え、徳之島町に陸揚げし、営利目的で密輸入した。
(2017年09月23日 読売新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます