報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

弁護人不在のまま判決言い渡し 「体調崩してしまった」

 福岡地裁で28日にあった刑事事件の判決公判で、弁護人が開廷時刻に現れずに一度は期日が延期されたが、結局、弁護人不在のまま判決が言い渡された。この日は裁判所も仕事納め。執行猶予付きの判決を受けて被告は釈放され、拘置所での年越しを免れた。
 公判は午前9時50分からで、強盗未遂などの罪に問われた女(53)に判決が言い渡される予定だった。開廷時刻になっても弁護人が現れず、地裁が電話したが連絡がつかなかった。
 松村一成裁判官は「判決は来年に言い渡します」と閉廷を宣言。その40分後に再び開廷し、懲役3年執行猶予4年を言い渡した。地裁総務課によると「裁判官の判断」という。担当検事は別の公判が入っており、別の検事が出廷した。
 刑事訴訟法では死刑または無期、3年超の懲役などに問われている場合、弁護人なしで開廷できないと定めている。一方で「判決宣告のために開く公判には必ずしも弁護人を要しない」とする最高裁判例がある。
 開廷に間に合わなかった弁護人は判決言い渡し後に到着。取材に対し「働き過ぎで体調を崩してしまった」と恐縮していた。(菅原普)
(2017年12月28日23時34分 朝日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます