報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

少女にわいせつな行為をした罪 元医師に猶予付き判決

 治療を担当していた女子中学生にわいせつな行為をしたとして、児童福祉法違反の罪に問われた産業医科大学病院の元医師に対し、福岡地方裁判所小倉支部は執行猶予の付いた有罪判決を言い渡しました。
 産業医科大学病院の元医師、齋藤恒祐被告(41)は去年9月と11月、精神科の医師として治療を担当していた当時14歳の女子中学生に、車の中でわいせつな行為をしたとして児童福祉法違反の罪に問われました。
 22日の判決で、福岡地方裁判所小倉支部の佐藤洋介裁判官は「医師に対する信頼に乗じて行われた卑劣かつ悪質なものだ。被害に遭った児童の精神的苦痛は甚大であり、健全な成長に与える悪影響も強く懸念される」と述べました。
 そのうえで「事実を認めて反省の態度を示すとともに、勤務先を懲戒解雇になるなど一定の社会的制裁を受けている」などとして、懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を言い渡しました。
(09月22日 13時55分 NHk)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます