報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

北九州けんか仲裁路上殺人 懲役18年判決 地裁小倉支部

 北九州市小倉北区の路上で2019年12月、男性を刺殺したなどとして、殺人と銃刀法違反の罪に問われた同区神岳2の建設作業員、井口健一被告(49)に対し、福岡地裁小倉支部の裁判員裁判は6日、求刑通り懲役18年の判決を言い渡した。井口被告は控訴する方針。
 公判で弁護側は「包丁が刺さってしまったのは偶然」と傷害致死罪の適用を主張したが、鈴嶋晋一裁判長は「(偶然刺さったのであれば)刃体がほぼ体内に入るほどの深い傷が生じたとは考えられない」と退けた。動機についても、けんかを制止しようとした男性を排除するため「突発的に殺意を抱いた」と指摘。「生命の尊さを意に介さない姿勢は明らかで、厳しい非難に値する」とした。
 判決によると、井口被告は19年12月21日深夜、小倉北区神岳1の路上で、小倉南区の林哲也さん(当時40歳)の左側腹部を包丁で刺し、死亡させた。井口被告は当時、別の男性とけんかになり、林さんはその男性に付き添っていた。【成松秋穂】
(2020年11月6日 18時25分(最終更新 11月6日 18時25分) 毎日新聞)

裁判長「強い力で包丁を体の中心部へ突き刺した」…知人刺殺の男に懲役18年

 北九州市小倉北区で昨年12月、男性を包丁で刺殺したなどとして、殺人罪などに問われた同区神岳、建設作業員井口健一被告(49)の裁判員裁判で、福岡地裁小倉支部(鈴嶋晋一裁判長)は6日、求刑通り懲役18年の判決を言い渡した。被告側は控訴する方針。
 判決によると、井口被告は昨年12月21日夜、同区神岳の路上で林哲也さん(当時40歳)の腹部を包丁で1回突き刺し、出血性ショックで死亡させた。
 鈴嶋裁判長は判決で、「(けんかになっていた)知人に向かって包丁を持って駆け寄った井口被告を、制止しようとした林さんを排除するために突発的に殺意を抱いたと考えられる」と指摘。その上で「相当強い力で包丁を体の中心部に向けて突き刺しており、極めて危険で悪質。命の尊さを意に介さない姿勢は明らか」と述べた。
(2020/11/08 10:15 読売新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます