報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

2女性殺害、知人の男に無期懲役判決 地裁小倉支部

 北九州市で知人女性2人を殺害したとして、殺人や死体損壊などの罪に問われた無職三原賢志被告(44)の裁判員裁判の判決が19日、福岡地裁小倉支部であった。鈴嶋晋一裁判長は「犯行は残忍で2人を殺害した結果は重大」と述べ、求刑通り無期懲役を言い渡した。
 判決は、主な争点となった三原被告の刑事責任能力について、事件当時の三原被告の言動に意識障害のような不自然さはないとした上で、「被害者の体の枢要部を刃物でひと突きし、殺意も明確」として完全な責任能力を認定した。
 判決によると、三原被告は2015年5月〜16年春、北九州市八幡西区の市営団地の自宅で、知人の水谷公子さん(当時43〜44)の胸を刃物で刺して殺害し、遺体の一部を切り取った。16年6月、知人の佐伯啓栄(ひろえ)さん(同45)の首を刺して殺害後、胸を切りつけた。
(3/19(月) 13:31 朝日新聞)

団地女性2遺体、殺人・損壊の被告に無期懲役

 北九州市八幡西区の市営団地で2016年6月に女性2人の遺体が見つかった事件で、殺人や死体損壊罪などに問われた無職三原賢志被告(44)の裁判員裁判の判決が19日、福岡地裁小倉支部であった。鈴嶋晋一裁判長は「落ち度のない2人を殺害し、残忍で悪質」と述べ、求刑通り無期懲役を言い渡した。
 判決によると、三原被告は15年5月〜16年6月13日、団地の自室で、いずれも同市の佐伯啓栄さん(当時45歳)と水谷公子さん(同43〜44歳)の胸や首を刃物のようなもので刺すなどして殺害し、遺体を損壊するなどした。
 公判は、三原被告の刑事責任能力が争点で、弁護側は「飲酒や覚醒剤の影響で行動を抑制できない状態だった」として、殺人と死体損壊罪について無罪を主張した。判決では、精神鑑定結果などを基に、「覚醒剤などが責任能力に影響するほどではない」としたうえで、被害女性に致命傷を与えていることから、三原被告の殺意を認定した。
(2018年03月19日 読売新聞)

女性2人殺害、遺体の一部切り取り、44歳男に無期懲役判決 地裁小倉支部

 北九州市八幡西区の市営住宅で知人女性2人を殺害し、遺体を刃物で傷つけたとして、殺人と死体損壊などの罪に問われた無職、三原賢志被告(44)の裁判員裁判の判決公判が19日、福岡地裁小倉支部で開かれ、鈴嶋晋一裁判長は、求刑通り無期懲役を言い渡した。
 検察側は論告で「ささいなことから激高して2人を暴行し殺害した」と指摘。争点の刑事責任能力の有無は「覚醒剤使用の影響が一定程度あったが、責任能力は認められる」とした。
 弁護側は「当時の精神状態は異常で責任能力は問えない」とし、無罪を主張していた。三原被告は殺人罪を否認し、死体損壊罪は認めた。
 起訴状などによると、平成27年5月から28年6月、市営住宅の自室で知人の佐伯啓栄さん=当時(45)=と40代の水谷公子さんを刃物で刺して殺害し、佐伯さんの胸などを切り付け、水谷さんの遺体の一部を切り取るなどしたとしている。
(2018.3.19 11:46 産経WEST)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます