報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

同居人殺害 懲役15年の判決

 去年2月、北九州市のアパートで、姉の交際相手を包丁で刺して殺害したとして、殺人の罪に問われている47歳の男に対し、福岡地方裁判所小倉支部は「犯行は短絡的かつ粗暴で、強い非難に値する」などと指摘して、懲役15年の判決を言い渡しました。
 北九州市八幡西区の無職、荒木実成被告(47)は、去年2月、北九州市八幡西区のアパートの1室で、同居していた姉の交際相手の高隆憲さん(47)の胸を包丁で刺して殺害したとして、殺人の罪に問われています。
 審理は裁判員裁判で行われ、被告は起訴された内容のうち高さんを刺したことは認めましたが、殺意については否認していました。
26日の判決で、福岡地方裁判所小倉支部の鈴嶋晋一裁判長は「犯行の状況や司法解剖した医師の所見などから、殺意があったと認められる」と指摘した上で「被害者との口論に腹をたてて起こした犯行は、短絡的かつ粗暴で、強い非難に値する」などとして検察側の求刑通り、懲役15年を言い渡しました。
(05月26日 17時57分 NHK)

その後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます