報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

女性ひかれ死亡、後続車運転の男性に無罪判決

 福岡県久留米市で2016年10月、新聞配達をしていた女性(当時69歳)をひいて死亡させたとして、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)に問われた大分県日田市の元軽運送業、欅尾くぬぎお政人被告(70)に対する判決で、福岡地裁久留米支部(西崎健児裁判官)は11日、無罪(求刑・禁錮1年2月)を言い渡した。
 事故は16年10月7日午前5時半頃、久留米市大橋町合楽の国道210号で発生した。被告の前方を走行していたトラックが自転車の女性と衝突。転倒した女性を被告の軽トラックがひいて死亡させた。
 判決は、女性が倒れた地点と軽トラックとの距離が約27メートルだったと指摘し、過失について検討。被告は制限速度の時速50キロ程度で走行しており、西崎裁判官は「アスファルトの乾燥状況などによっては、27メートルで停止するのは不可能な場合もある」と判断。「女性を発見して急ブレーキをかけても、回避できない特殊な事案だった疑いが残る」と結論付けた。
(2018年10月11日 21時32分 読売新聞)

「停止距離足りない」女性はね死亡させた男性に無罪判決

 路上に倒れていた女性を軽トラックでひいて死亡させたとして、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)の罪に問われた大分県日田市の無職欅尾政人被告(70)の判決公判が11日、福岡地裁久留米支部であった。西崎健児裁判官は無罪(求刑・禁錮1年2カ月)を言い渡した。
 欅尾被告は2016年10月7日午前5時半ごろ、福岡県久留米市大橋町合楽の国道で、前を走っていたトラックと衝突して転倒した自転車の女性(当時69)をひいて死亡させた、として起訴された。西崎裁判官は「転倒した女性と欅尾被告の軽トラックとの距離は約27メートルだった」と指摘。「この距離では停止距離が足りず、衝突を回避できなかったのではないかという合理的な疑いが残る」とした。
 福岡地検の八沢健三郎次席検事は「判決内容を精査し、上級庁と協議し、適切に対応したい」とのコメントを出した。
(2018年10月12日11時42分 朝日新聞)

過失運転致死に無罪判決 被害者、別の車と衝突し転倒 福岡地裁久留米支部

 路上に倒れていた女性を軽トラックでひいて死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪に問われた大分県日田市日高の無職欅尾(くぬぎお)政人被告(70)の判決で、福岡地裁久留米支部は11日、無罪(求刑禁錮1年2月)を言い渡した。西崎健児裁判官は判決理由で「女性は直前に転倒しており、被告に過失はなかった」と述べた。
 欅尾被告は2016年10月7日午前5時半ごろ、福岡県久留米市大橋町合楽の国道で、自転車の女性=当時(69)=をひいて死亡させたとして逮捕された。
 西崎裁判官は「女性の自転車は軽トラックの約27メートル先で、別のトラックと衝突して転倒した。この距離では停止距離が足りず、衝突を回避できない」と認定した。
(2018年10月11日 15時01分 西日本新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます