報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

18歳未満の養女と性交、無罪破棄し差し戻し 福岡高裁

 18歳未満の養女と性交したとして、監護者性交等罪に問われた30代男性被告の控訴審判決が11日、福岡高裁であった。鬼沢友直裁判長は「(被害者の)供述を適切に評価する審理が不足していた」として、一審・福岡地裁の無罪判決を破棄し、審理を地裁に差し戻す判決を言い渡した。弁護側は即日、上告した。
 被告は2018年1月中旬〜2月12日、福岡県内の当時の自宅で、同居する養女と性交したとして起訴された。
 昨年7月の一審判決は、被害者の供述通りなら「事件の約1年前から家族5人が密集して寝ているリビングで性交を繰り返していたことになり、他の家族が一切気づかなかった点は相当に不合理」と指摘。供述の信用性に疑いがあるとして無罪を言い渡した。
 この日の判決で、鬼沢裁判長は「被害者の知的発達の程度などを踏まえる必要がある」と指摘。供述の信用性を判断するには、被害を受けた精神的後遺症なども考慮する必要があるとして、一審を「被害者に対する十分な配慮に欠け、供述を適切に評価するための審理が不足していた」と結論づけた。
 被告の弁護人は取材に「全体的に不当なものと考えている」と話した。福岡高検の佐藤隆文次席検事は「原判決の誤りを是正した点で妥当な判決」との談話を出した。(角詠之)
(2020年3月11日 20時06分 朝日新聞)

養女に性的暴行した罪 無罪取り消し審理やり直し命じる 福岡

 同居していた14歳の養女に立場を利用して性的暴行をした罪に問われ、1審で無罪を言い渡された30代の被告の裁判で、2審の福岡高等裁判所は「1審の審理は被害者に対する十分な配慮に欠けていた」として、無罪判決を取り消し、審理をやり直すよう命じました。
 福岡県内に住む30代の被告がおととし、同居していた当時14歳の養女に対して立場を利用して性的暴行をした罪に問われた裁判で、1審の福岡地方裁判所は「被告や養女などの家族がリビングでかなり密集した状態で寝ていて、家族が気付かなかったのは不自然だ。被害についての証言は信用性に疑問がある」などとして無罪を言い渡し、検察が控訴していました。
 11日の2審の判決で福岡高等裁判所の鬼澤友直裁判長は「被害者の証言の信用性を否定した1審判決にはさまざまな疑問点があると言え、事実誤認の疑いがあると言わざるをえない」と指摘しました。
 そのうえで「1審判決がこのような判断に至ったのは被害者に対する十分な配慮に欠け、証言を適切に評価するための審理が不足していたことにあった」などとして無罪判決を取り消し、福岡地方裁判所で審理をやり直すよう命じました。
(2020年3月11日 23時35分 NHK)

その後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます